ものづくりニュース by aperza

村田製作所、厚み2.2mmのラミネート形エネルギーデバイス (馬本隆綱...

村田製作所、厚み2.2mmのラミネート形エネルギーデバイス (馬本隆綱,[EE Times Japan])

センサーノード向けに長寿命を実現

 村田製作所は2016年6月、薄型で大容量を実現したラミネートタイプのエネルギーデバイス「UMAL」を商品化したと発表した。2016年7月より量産を始める。ワイヤレスセンサーネットワークのセンサーノードなどの用途に向ける。

 同社は、エネルギーデバイスとして、シリンダータイプの製品「UMAC」を2015年10月より量産してきた。従来の二次電池に比べて、高レートの充放電特性と長寿命を実現したのが特長である。

 今回は、薄型化と大容量化の要求に対して、外形寸法が14.0×21.0mmで、厚みが2.2mmのラミネートタイプを追加した。UMALは、容量が12mAhと大きく、内部抵抗は200mΩと小さい。また、10C(120mA)と極めて高い電流レートで連続放電を可能とした。充放電サイクル特性(寿命)は、5000サイクルで充電容量回復率90%以上を達成している。これは、従来のシリンダータイプよりも長いサイクル特性だという。使用温度範囲は−20〜70℃となっている。

 UMALはこうした特性から、メンテナンスフリーを可能とする。ピークアシスト用のキャパシタをなくすこともできる。自己放電が小さく蓄電したエネルギーのロスが少ない、電圧が一定しており充電開始後でもすぐに使用できる、などの特長がある。しかも、化学的に安定した組成を用いており、万が一ショートした場合でも、発煙や発火することはないという。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/