ものづくりニュース by aperza

最短10秒のデータ更新が可能なISA100 Wireless準拠のフィ...

2016/11/1 IT media

最短10秒のデータ更新が可能なISA100 Wireless準拠のフィールド無線用振動計 ([MONOist])

 横河電機は2016年10月7日、フィールド無線規格のISA100 Wirelessに準拠したフィールド無線用振動計を発売した。主に、石油・石油化学、化学、紙パルプ、薬品、鉄鋼などのプラントで使用するコンプレッサー、ポンプ、モーター、ファンなどの設備の振動を測定し、ISA100 Wirelessの無線通信で測定データを発信する。

 同製品は、同社のフィールド無線用マルチファンクションモジュール「FN510」と圧電型加速度センサー「LN01」とで構成される。いずれも新開発の製品で、FN510は送受信部に、同社のフィールド無線用通信モジュール「FN110」を搭載した。振動の情報は、受信アンテナとゲートウェイを経由し、分散形制御システム(DCS)などの上位システムに伝達されるため、プラントのオペレータや保全員がリアルタイムで状況を把握できる。

 データ更新周期は10秒〜3600秒の間で設定が可能で、データ更新周期1分の場合では、10年間電池交換が不要となる。測定周波数帯域は10Hz〜10kHz、測定可能範囲は加速度0〜300m/s2、速度0〜160mm/s。防爆と非防爆の2つのタイプから選択できる。

 プラント設備においては、機器の振動の把握が異常の早期発見や故障予知に役立つ。近年では、フィールド無線システムの普及が進み、それと同時に低コストで簡単に設置可能な無線振動センサーの需要が高まっているという。

フィールド無線用振動計

FAメルマガ 登録募集中!

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/