ものづくりニュース by aperza

最小検出段差0.08mmの2出力型高精度レーザーセンサーを発売 ([M...

2016/11/1 IT media

最小検出段差0.08mmの2出力型高精度レーザーセンサーを発売 ([MONOist])

 オプテックス・エフエーは2016年10月3日、距離設定型2出力タイプの高精度CMOSレーザーセンサー「BGS-HDL」シリーズを発表した。10月下旬から標準価格3万4000円(税別)で発売し、国内販売目標数を年間2000台としている。

 BGS-HDLシリーズは、高信頼性エンジン「Tri-Core(トリコア)」をCMOSレーザーセンサーに搭載したもので、最小検出段差0.08mmを達成。物体の有無検出だけではなく、高さによる良否判別、物体位置の距離を判別する2段階出力などに使えるため、従来はセンサーが2台必要だった用途にも1台で対応できるようになった。

 また、デジタルパネルの距離表示は、検出する物体の高さを表示する「バックグラウンドモード」と、物体までの距離を表示する「ターゲットモード」の2パターンが用意されている。さらに、出力2リード線をティーチ入力に切り替えられるなど、用途に適した使い方を選択できる。



製品外観

FAメルマガ 登録募集中!



FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/