日系企業中国人幹部・転職のきっかけは??

日系企業中国人幹部・転職のきっかけは??

前回ある中国人社長の人材採用に関するポリシーを紹介しました。その中で「ここまで考えて採用している日本企業は少ないのではないか」と書いたところ、北京で総経理経験のある知人よりコメントをもらいましたので、紹介したいと思います。

ここから↓

事例としてとても面白いですね。でも中国系企業の中国人社長だから出来たのでしょう。日系企業では、派遣された社長に実質的な権限が殆んどない。採用権限程度はあっても、自社の将来像を語るにはそれだけの権限が与えられていない。

派遣された社長にも任期があり、将来像を語れても所詮在任期間が終れば、それは引き継がれない。逆に言えば、この中国企業は、オーナー系だからできる事で、同じ中国系でも政府関係等は、全くこうした事はできない。

従って、この事例は果たして中国と日本の違いなのか?
会社組織とオーナー企業の違いなのかもしれません。

ここまで↑

確かに日系企業のトップは、任期がくれば自分がいなくなってしまうのですから、このようなことはできません。

その知人が中国駐在時代にあった中国人幹部の転職事例を紹介します。稀な事例かとは思いますが、実際に起きたことです。

そこそこ優秀で、現地社員の星として3代前の日本人総経理が祭り上げて出世させた当時39才の女性がいました。年収はUS$15万と破格でした。でも、周りとの協調性なく、現地社員の間でも浮いた存在で、みんなに煙たがられていました。

日本本社での現地社員の幹部クラスを集めた研修をすべてこなしたこともあり、中国現地法人の研修を含めて、会社には彼女が自己啓発できるものがありませんでした。

そこで彼女は、自分で探してきた17,000人民元もする企業買収(M&A)の3日間MBA講座を無理やり会社に費用を出させて受講しました。

1年後、そこで知り合った某有名中国企業に雇われ転職しました。年収は何とUS$500千、3倍です!

某有名中国企業は、彼女の会社の管理手法を定めた会社の規程と同じものを作りたくて、それについて日本本社との交渉役であった彼女を採用したのではないかというのが、知人の見立てです。

「どうもEMBAは、勉強する場ではなく、女は新しいパトロン探し、男は新しい事業も含めた伴侶探しの為の出会いの場と化している」とも言っていました。

そこそこの優秀さでしかないこのケースとは違いますが、本当に優秀な中国人は、1つの企業に長居をするつもりは全くありません。今いる企業を踏み台としてどんどんステップアップしていきます。そんな人は雇ってもずっと会社にいると考えてはいけません。

 

出典:


KPIマネジメント代表・チーフコンサルタント◎電機系メーカーにて技術部門、資材部門を経て香港・中国に駐在。現地においては、購入部材の品質管理責任者として購入部材仕入先品質指導及び品質改善指導。延べ100社に及ぶ仕入先工場の品質改善指導に奔走 ◎東京都/千葉県商工会連合会専門エキスパート(品質管理、製造業指導) GCS認定コーチ◎日本生産性本部経営アカデミー講師 名古屋外国語大学非常勤講師 セミナー/企業研修講師多数◎中国工場コンサルティング実績 日系中国工場品質改善及び管理体制の見直し(広東省)、中国企業品質管理体制の構築(福建省1社)、中国企業労務人事管理監査対応指導(パートナーコンサルタントと共同で実施:広東省1社)、米国D社の労務人事監査指摘事項への対応を指導、中国工場品質管理体制の構築(広東、大連など2社)、中国工場運営管理支援(広東1社)、外観検査の精度向上指導(広東1社)、中国生産委託先工場監査代行(広東1社) 国内工場管理の見直し及び製品コストダウン、外灯製造会社の5S指導、金属加工会社の品質管理・改善、生産性向上指導(1社)、金属加工会社の組織再構築、経営改革指導(1社)、板金塗装会社の5S指導(1社)、環境関連企業の新工場立ち上げ支援(1社)◎製造業向け社員研修実績 中国人管理者教育(広東、大連、厦門など3社)、コーチング研修(2社)、来日した中国企業スタッフ研修、中国赴任前研修(パソナ様)、若手社員向け中国工場の問題点と対処法(和歌山県工業技術センター様)、中国工場品質管理講座&異文化コミュニケーション(富士通テレコムネットワークス様)、仕入先様品質管理勉強会 テーマ:中国工場での品質管理の進め方(株式会社オートバックスセブン様)、中国への生産委託に伴う工程/品質管理のポイント(N社様、I社様) ◎著書 こうすれば失敗しない!中国工場の品質改善<虎の巻>(日刊工業新聞社)、雑誌「標準化と品質管理」2012年8月号特集記事執筆(日本規格協会)、外観検査の不良見逃し・ばらつき低減(技術情報協会・共同執筆)、通信教育講座「外観目視検査の進め方と留意点」担当講師(テキスト執筆、添削指導) ◎KPIマネジメント http://www.prestoimprove.com/index.html ブログ「中国工場での品質管理・品質改善」https://ameblo.jp/prestoimprove/