ものづくりニュース by aperza

新素材とUVプリントで広がる3Dプリンタの可能性 (八木沢篤,[MON...

2016/10/31 IT media

新素材とUVプリントで広がる3Dプリンタの可能性 (八木沢篤,[MONOist])

 ローランド ディー.ジー.(以下、ローランドDG)は、2016年1月27〜29日の3日間、東京ビッグサイトで開催されている「3D Printing 2016」に出展。monoFabシリーズをはじめとする3D造形機と、UVプリンタに関する展示デモを行った。

 同社はmonoFabシリーズとして、デスクトップサイズの光造形方式3Dプリンタ「ARM-10」と3D切削加工機「SRM-20」を展開。3D Printing 2016の展示会場では、ARM-10向けの新素材の参考展示の他、SRM-20で加工した樹脂型による小ロットの射出成形デモを行っていた。

新素材(ゴムライク)で広がる3Dプリンタの利活用

 これまでARM-10向けの樹脂材料は、硬質タイプの「PRH35-ST」と軟質タイプの「PRF35-ST」の2種類が用意されていたが、より幅広いARM-10の利活用の促進を目的に、柔らかな触感が特長の新樹脂材料(ゴムライク素材)を開発。その造形サンプルを展示した。実際の触り心地は柔らかいゴムのように適度な弾力があり、表面は人間の皮膚のようにしっとりとしたものだった。

同社ブースでは、新素材(ゴムライク)で造形したクマの人形、人間の鼻や耳などが展示されていた ※クリックで拡大表示

 また応用例として、新素材で出力したものを同社UVプリンタ「LEF-300」で表面加飾して仕上げた、腕時計のベルトの造形&加飾サンプルも展示されていた。革シボをUVプリンタで表現してあり、新素材の柔らかさと相まって、ぱっと見は本物の(腕時計の)革ベルトのようだった。なお、新素材の製品化時期は2016年の春ごろを予定しているという。

新素材(ゴムライク)で造形した腕時計のベルトに、UVプリンタ「LEF-300」で革シボを印刷 ※クリックで拡大表示

切削加工した樹脂型で小ロット生産

 さらに同社は、SRM-20で切削加工した樹脂型による小ロットの射出成形について紹介。展示ブースでは、卓上小型射出成形機「EasyMold」(デジタルファクトリー製)を用いたデモが披露された。ちょっとした試作や少量生産が必要な場合などに使える可能性があるとし、「形状にもよるが、数十〜100ショット程度であれば割れずに成形できた」(説明員)という。

3D切削加工機「SRM-20」で加工した樹脂型を用いて射出成形
3D切削加工機「SRM-20」で加工した樹脂型を用いて射出成形
3D切削加工機「SRM-20」で加工した樹脂型を用いて射出成形


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/