改善の受皿!

改善の受皿!

工場の改善・改革をするのを仕事としているが、その会社・工場を訪問した当初、何を見るかといえば、もちろん従業員の仕事ぶりや工場の状況など実態を把握することを必死になってやる。それはここをしっかり捉えないと間違った施策を打つことになりかねないからだ。

それともう一つ、キーマンは誰かというのを見るようにしている。いろいろな施策を進めていくうえで、その受け皿となる人は誰かというのを見極めるようにしている。

場合によっては、その受け皿となる人がいない会社もある。こういう場合、受け皿がいる会社と同じように進めることはできない。先ず受け皿となる人を作ることから始めなければならない。

 

さらに場合によっては、受け皿となる人材を雇ってもらうことをから始めることもある。

今日のポイント

この人の問題は中小企業ではわりと見られる問題だ。同様に中国の中小規模の工場でも見られる。中国工場の場合、中国人スタッフに受け皿となる人材がいることがベストである。

もちろん日本人駐在員でもいないよりはいい。ただ日本人駐在員はあくまでも期間限定なので、それを如何に中国人スタッフに落し込むことができるかが大事になる。その日本人がいる間はよいが、帰任したら維持するのが精いっぱいということも多い。

目指すところは目先の改善ではない。改善を継続して進めていく力を身につけることであり、そうした文化のある会社・工場になってもらうことだ。

 

そのためには、現地スタッフ(日本であれば日本人でよいが、中国であれば中国人であること)が自ら改善を進めることができる、これが必要である。

小さな改善で構わない、それが積み重なって大きな改善につながる。改善を継続していく中で、本当に大きな改善ができるようになるのだ。そういう文化のある工場では、ちょっとした助言で大きな成果をだすことも可能だ。

補足

経営トップの人材に関する対応は、2つに分かれる。今いる人材で何とかしようと考える社長。そして、必要なら積極的に外から人材を採る、受け入れる社長とに分かれる。

どちらがいいかは考え方やポリシーの問題もあり一概にはいえないが、あまり社内の人材に固執するのはどうかなというのが、わたしの考えである。

toimprove/” target=”_blank”>出典:中国工場での品質管理・品質改善


KPIマネジメント代表・チーフコンサルタント◎電機系メーカーにて技術部門、資材部門を経て香港・中国に駐在。現地においては、購入部材の品質管理責任者として購入部材仕入先品質指導及び品質改善指導。延べ100社に及ぶ仕入先工場の品質改善指導に奔走 ◎東京都/千葉県商工会連合会専門エキスパート(品質管理、製造業指導) GCS認定コーチ◎日本生産性本部経営アカデミー講師 名古屋外国語大学非常勤講師 セミナー/企業研修講師多数◎中国工場コンサルティング実績 日系中国工場品質改善及び管理体制の見直し(広東省)、中国企業品質管理体制の構築(福建省1社)、中国企業労務人事管理監査対応指導(パートナーコンサルタントと共同で実施:広東省1社)、米国D社の労務人事監査指摘事項への対応を指導、中国工場品質管理体制の構築(広東、大連など2社)、中国工場運営管理支援(広東1社)、外観検査の精度向上指導(広東1社)、中国生産委託先工場監査代行(広東1社) 国内工場管理の見直し及び製品コストダウン、外灯製造会社の5S指導、金属加工会社の品質管理・改善、生産性向上指導(1社)、金属加工会社の組織再構築、経営改革指導(1社)、板金塗装会社の5S指導(1社)、環境関連企業の新工場立ち上げ支援(1社)◎製造業向け社員研修実績 中国人管理者教育(広東、大連、厦門など3社)、コーチング研修(2社)、来日した中国企業スタッフ研修、中国赴任前研修(パソナ様)、若手社員向け中国工場の問題点と対処法(和歌山県工業技術センター様)、中国工場品質管理講座&異文化コミュニケーション(富士通テレコムネットワークス様)、仕入先様品質管理勉強会 テーマ:中国工場での品質管理の進め方(株式会社オートバックスセブン様)、中国への生産委託に伴う工程/品質管理のポイント(N社様、I社様) ◎著書 こうすれば失敗しない!中国工場の品質改善<虎の巻>(日刊工業新聞社)、雑誌「標準化と品質管理」2012年8月号特集記事執筆(日本規格協会)、外観検査の不良見逃し・ばらつき低減(技術情報協会・共同執筆)、通信教育講座「外観目視検査の進め方と留意点」担当講師(テキスト執筆、添削指導) ◎KPIマネジメント http://www.prestoimprove.com/index.html ブログ「中国工場での品質管理・品質改善」https://ameblo.jp/prestoimprove/