ものづくりニュース by aperza

拡張現実(AR)開発プラットフォームの新バージョンをリリース ([MO...

2016/11/1 IT media

拡張現実(AR)開発プラットフォームの新バージョンをリリース ([MONOist])

 PTCジャパンは2016年8月18日、米PTCが拡張現実(AR)開発プラットフォームの新バージョン「Vuforia 6」をリリースしたと発表した。

 Vuforiaは、AR開発で利用されるプラットフォームで、主要スマートフォン、タブレット端末、スマートグラスに対応したさまざまなVuforiaベースのアプリケーションが公開されている。

 新バージョンでは、2016年6月に同社の年次ユーザーカンファレンス「LiveWorx」で公開したビジュアルコード「VuMark」を導入。VuMarkは、任意の製品や機械に張り付けでき、カスタマイズも可能。また、VuMarkの作成ツール「VuMark Designer」を使用すれば、既存の図柄やロゴなどからVuMarkを作成できる。これにより、シリアル番号やURLなどのさまざまなデータをエンコーディングし、視覚的に魅力的なVuMarkを作成できるという。

 さらに、Vuforia EngineがUniversal Windows Platform(UWP)に対応したことで、Unityを利用する開発者は、既存のVuforiaプロジェクトをHoloLens/Surface Pro 4/Surface Bookなどのタブレットに対応させることが可能になった。Microsoft Visual Studioを使用し、タブレットで利用される既存のUWPアプリケーションにAR機能を加えることもできる。Vuforia Engine on HoloLensは、今秋の正式リリースまで試用版として提供される。



VuMark


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/