ものづくりニュース by aperza

従来比1.3倍の高速回転に対応した深溝玉軸受を開発 ([MONOist...

2016/11/1 IT media

従来比1.3倍の高速回転に対応した深溝玉軸受を開発 ([MONOist])

 ジェイテクトは2016年9月26日、樹脂保持器の形状を工夫することで、従来比1.3倍の高速回転対応を可能にした深溝玉軸受を開発したと発表した。ハイブリットカー(HV)や電気自動車(EV)のモーター向けで、年間2億円の売り上げを見込む。

 新開発の深溝玉軸受は、軸受の保持器を従来の片持ちタイプから両持ちタイプに変更し、同一形状の樹脂製保持器を組み合わせた構造を採用している。片持ちタイプは遠心力による変形が大きかったが、同軸受は勘合部の形状を工夫し、遠心力による変形を抑えた。オイル潤滑タイプでは、許容回転数4万min-1、dmn値200万の性能を達成したという。

 HVやEVのモーターには深溝玉軸受が使用されているが、モーターの小型化に伴い、高速化に対応する軸受のニーズが高まっている。従来のモーターに用いられていた深溝玉軸受は、保持器が片持ちタイプで、遠心力による変形や昇温による焼き付きが課題となっていた。






FAメルマガ 登録募集中!



FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/