ものづくりニュース by aperza

従来機比約5分の1に軽量化した移動型デジタルX線撮影装置 ([MONO...

2016/11/1 IT media

従来機比約5分の1に軽量化した移動型デジタルX線撮影装置 ([MONOist])

 富士フイルムは2016年10月11日、総重量を従来機比で約5分の1となる90kgに軽量化した、移動型デジタルX線撮影装置「FUJIFILM DR CALNEO AQRO(カルネオ アクロ)」を発表した。サイズは全幅550mm、全長770mmで、救急医療や集中治療室など、スペースに限りのある現場のニーズに対応する。富士フイルムメディカルを通じて、同年11月1日より発売する。

 同社のカセッテDR「FUJIFILM DR CALNEO Smart(カルネオ スマート)」に対応し、低線量でも高画質な診断画像を提供できる。また、画像処理技術「Virtual Grid処理」を標準で搭載。画像からX線の散乱線成分を除去する金属製フィルターを使用せずに、画像のコントラストと粒状性を向上できる。

 操作パネルには、X線撮影とカセッテDRを制御する操作部を一体化した。上下左右に動かすことが可能で、ベッドサイドのさまざまな位置から操作や画像を確認できる。他に、その場での回転や任意方向へのスライドなど、小回りが利く4輪キャスター構造や、片手で操作できるX線発生機を採用し、機動性を高めた。制御ユニットやコンソールなどを内蔵しており、検査後に現場で画像を確認することも可能だ。

 さらに、リチウムイオンバッテリーを採用したことで、フル充電から12時間連続で使用できる。15分の充電で1時間使用できる急速充電や、充電しながらのX線照射にも対応した。



製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/