ものづくりニュース by aperza

床置きタイプの介護ベッド用離床センサーを発売 ([MONOist])

2016/11/1 IT media

床置きタイプの介護ベッド用離床センサーを発売 ([MONOist])

 昭和電工は2016年10月7日、介護ベッド用離床センサー「SHOCARES(ショウケアス)」を発売したと発表した。ベッドの脚部に設置し、離床を予知して看護・介護者へ通知することで、転倒・転落のリスクを軽減する。

 加重によるセンサーの変形を電気信号に変換して重量を測定するもので、人の動きによるわずかな重量変化から利用者の動作を検知する。寝た状態や離床だけでなく、動き出しや起き上がり、腰掛けなどの動作も検知できる。

 ベッド利用者の状況はPCでリアルタイムに閲覧でき、離床を予知した際にスマートフォンでメール通知を受け取ることもできる。また、体重測定、睡眠状態の判定や、蓄積データから対象者の生活パターン解析も可能だ。医療行為を意図したものではないが、オプションで脈拍数・呼吸数を測定できる非接触センサーも提供する。

 同離床センサーは、これまでベッド内蔵型センサーとして販売してきたが、今回、ベッドの脚部4カ所の下に敷く床置きタイプを発売。既存のベッドに簡単に設置できるため、導入がしやすく、巡回などの看護・介護者の負担を軽減できるとしている。




製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/