工程の記録にどこまで時間をかける?

工程の記録にどこまで時間をかける?

どこの工場でも工程での作業の記録や検査の記録を取っている。きちんときめ細かく記録を取っている工場もあれば、必要最低限のものだけを取っているところや、本来なら取る必要のあるものも取っていない工場もある。

ある日系の工場では必要な記録をきちんと取っているが、むしろ記録が多すぎるような印象を持っていた。そんな中いろいろ実状を見ていくと、記録することにかなりの時間が取られていることがわかった。

それは各工程の班長さんたちの日々行っている業務内容を1週間限定で詳細に日報に記入してもらい、その内容を確認したことでわかった。

 

1つ例を挙げると、製品のロットトレースに関する記録に班長さんが毎日1時間を費やしていた。通常2時間残業をするとして、1日10時間勤務となり、その10分の1がひとつの記録を取るために使われていることになる。

もちろんロットトレースをきちんと、かつ素早く行うことは問題が起きた時に迅速に対応するためには必要なことだ。問題はそれにどれだけの時間・工数をかけるかということだ。

今日のポイント

別の会社では、わたしが行ったときには検査員の検査日報を付けていなかった。その日に誰がどの機種を何個検査したのかがわからない状態であった。検査した数量がわからなければ、検査計画など立てられないはずだ。

このときは検査員の人たちは過重な残業をしており、検査の効率化が課題のひとつになっていた。例を挙げるとひとりの検査員の人は、ある月に180時間もの残業をしていた。これって1人2シフト状態ですよ。

検査の効率化の話題は別の機会に紹介するとして、検査日報に話を戻す。検査の責任者と打合せをして検査日報の必要性を説き、検査日報をすぐに付けるように段取りをしてもらった。

 

しばらくすると検査責任者から検査日報を書くこと自体が検査員の負担となっているので何とかして欲しいとの要望があった。言外に付けるのを止めたいという雰囲気があった。

止めることは却下し様子を見ていると、またしばらくすると記入に手間のかからない検査日報書式を自分たちで考え、それを導入していた。わたしとしてはこれを望んでいた。困ったときに自分たちで工夫して解決することを体験して欲しかった。これはうまくいった例だ。

記録を付けるのにどこまで工数をかけるのか、これは判断基準をしっかり持っておき、それに従って決めていくことが必要だ。何のための記録か、どんな時に使うのか? もちろん、手間がかからない方法を考えていくことも当然必要だ。

補足

ロットトレースについては、どこまでトレースできるようにするのか、ここが判断のポイントだ。細かくトレースできれば、問題が発生したときにその波及する範囲を極限まで狭めることができる。

一方で記録に必要なことも多くなり煩雑になる傾向にあるのも確かだ。自分たちでどこまで必要かを決め、それに従ってやることにする他ない。

toimprove/” target=”_blank”>出典:中国工場での品質管理・品質改善


KPIマネジメント代表・チーフコンサルタント◎電機系メーカーにて技術部門、資材部門を経て香港・中国に駐在。現地においては、購入部材の品質管理責任者として購入部材仕入先品質指導及び品質改善指導。延べ100社に及ぶ仕入先工場の品質改善指導に奔走 ◎東京都/千葉県商工会連合会専門エキスパート(品質管理、製造業指導) GCS認定コーチ◎日本生産性本部経営アカデミー講師 名古屋外国語大学非常勤講師 セミナー/企業研修講師多数◎中国工場コンサルティング実績 日系中国工場品質改善及び管理体制の見直し(広東省)、中国企業品質管理体制の構築(福建省1社)、中国企業労務人事管理監査対応指導(パートナーコンサルタントと共同で実施:広東省1社)、米国D社の労務人事監査指摘事項への対応を指導、中国工場品質管理体制の構築(広東、大連など2社)、中国工場運営管理支援(広東1社)、外観検査の精度向上指導(広東1社)、中国生産委託先工場監査代行(広東1社) 国内工場管理の見直し及び製品コストダウン、外灯製造会社の5S指導、金属加工会社の品質管理・改善、生産性向上指導(1社)、金属加工会社の組織再構築、経営改革指導(1社)、板金塗装会社の5S指導(1社)、環境関連企業の新工場立ち上げ支援(1社)◎製造業向け社員研修実績 中国人管理者教育(広東、大連、厦門など3社)、コーチング研修(2社)、来日した中国企業スタッフ研修、中国赴任前研修(パソナ様)、若手社員向け中国工場の問題点と対処法(和歌山県工業技術センター様)、中国工場品質管理講座&異文化コミュニケーション(富士通テレコムネットワークス様)、仕入先様品質管理勉強会 テーマ:中国工場での品質管理の進め方(株式会社オートバックスセブン様)、中国への生産委託に伴う工程/品質管理のポイント(N社様、I社様) ◎著書 こうすれば失敗しない!中国工場の品質改善<虎の巻>(日刊工業新聞社)、雑誌「標準化と品質管理」2012年8月号特集記事執筆(日本規格協会)、外観検査の不良見逃し・ばらつき低減(技術情報協会・共同執筆)、通信教育講座「外観目視検査の進め方と留意点」担当講師(テキスト執筆、添削指導) ◎KPIマネジメント http://www.prestoimprove.com/index.html ブログ「中国工場での品質管理・品質改善」https://ameblo.jp/prestoimprove/