ものづくりニュース by aperza

完全印刷工程で作製した有機TFT、何に応用する? (庄司智昭,[EE ...

完全印刷工程で作製した有機TFT、何に応用する? (庄司智昭,[EE Times Japan])

早く、安く、大量に製造

 次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合(JAPERA)は、印刷技術を用いたTFTアレイシートと、それを用いた圧力センサーのデモ展示を行った。印刷技術を用いることのメリットは、早く、安く、大量に製造できる点にある。

 また、シリコンよりも性能は劣るが、製造工程は主に「下地加工」「印刷」「低温焼成」で済み、従来工程より短縮できる。シリコンは特性を出すために400〜1000℃の熱処理が必要だが、プリンテッド工程は100℃で済むのもメリットだ。また、1度に大面積で作製でき、工場の規模も従来より小さくて済むので、コスト削減につながるとした。

展示されていた印刷工程によるTFT。「300μmピッチで400×600mmまで試作できている」(説明員)という。折ったり、曲げたりしても破損しないのもメリットだろう

 会場では、試作TFTアレイシートを用いて試作された圧力センサーシートを展示。感圧ゴムは、ある押圧範囲において、圧力に応じて抵抗が比例的に変化する。これを可変抵抗とし、コモン電極に一定電圧を加える。圧力が小さいときは、抵抗が増えTFTのドレイン電圧が低くなり、ソース電流はあまり流れない。圧力が大きいときは、抵抗が減りドレイン電圧が高くなってソース電流が流れる。ゲートのアドレスに同期してソース電流を検出することで、押された場所と押された強さが分かる動作原理となっている。

圧力センサーを用いた棚管理システム。TFTアレイシートを用いた圧力センサーが棚の下にしかれており、圧力の分布により商品が何個あるのか、倒れていないかとった状況分かるようになっている
圧力センサーを用いた棚管理システム。TFTアレイシートを用いた圧力センサーが棚の下にしかれており、圧力の分布により商品が何個あるのか、倒れていないかとった状況分かるようになっている

 TFTアレイシートの技術的な部分は確立されているため、今後は電子ペーパーや圧力センサーなどの動作実証を行い、サイネージや大面積/高速で特性変化を検知するセンサーシートへの適用を行い、新規市場創出を狙っていくとしている。

エレクトロクロミックインク技術を活用

 リコーは、電気を通して透明と着色を制御する“エレクトロクロミックインク技術”による「積層型エレクトロクロミックディスプレイ」を展示した。エレクトロクロミック材料は、電気的な酸化/還元反応により、透明と着色に変化する。同社は、分子構造を設計することで、色彩や反応電圧の制御を実現した。シアン、マゼンタ、イエローの3原色に着色し、低電圧で駆動する新しい材料を開発したという。

 会場では、同技術を応用した調光メガネとアートガラスを展示。調光メガネは紫外線やまぶしさの調整に使用できる。今後は、アートガラスのような目に優しく、身の回りの色彩を豊かにする新規デバイスの実用化を進めるとしている。

左=調光めがね/右=アートガラス
左=調光めがね/右=アートガラス

軽くて柔らかい電子ペーパー

 凸版印刷は、印刷製造技術による電子ペーパーの参考展示を行った。電子ペーパーなどの情報端末は、用途の多様化から軽量性やフレキシブル性、落としても割れない丈夫さが求められている。同社は、フレキシブルTFT基材とプラスチック基板を組み合わせることで、軽量でフレキシブルな電子ペーパーを開発した。

 プラスチック基板上に印刷プロセスでTFTを形成するには、電極材料や有機半導体材料などのさまざまな材料に適した印刷方法を使い分ける必要があるとともに、複数の層を精度良く位置合わせすることが重要になるという。凸版印刷は今回、環境調和性の高い印刷技術を活用し、これらの課題を解決した。会場では、同成果により開発した、小売/流通分野向けの「レール型電子ペーパー棚札」を展示した。

レール型電子ペーパー棚札

 電子ペーパーの開発はまだ研究レベルであり、「今後は、量産に向けて歩留まりの改善やコストダウンを進めていく」(説明員)と語る。用途は物流やサイネージなど多岐にわたるが、レール型電子ペーパー棚札の実用化を2017年度中に目指すとしている。

スポーツに活用できる圧力センサーシート

 大日本印刷は、スポーツやゲームなどに活用できる大面積の圧力センサーシートを展示した。同センサーシートは、ディスプレイ用のTFTを用いて、外力による抵抗値の変動を電気信号として検知し、高速応答できる情報入力素子として用いることができる。

センサーシートを足で踏んだときの電気信号の様子

 同センサーシートは、床面内における生活者の行動把握や、スポーツ用途でのモニター、ヘルスケア分野など大面積センサーとしての活用が期待される。今後は、メートル級の大面積TFTアレイの実現に向けて、要素技術の確立をしていくとした。

人流センサーとして、大人数の足跡観測も可能という 出典:大日本印刷


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/