ものづくりニュース by aperza

収束へ向かう東京電力のデータ通知遅延、いまだシステムの不具合は残る (...

収束へ向かう東京電力のデータ通知遅延、いまだシステムの不具合は残る (石田雅也,[スマートジャパン])

既報(9月27日):「東京電力のデータ通知遅延ほぼ解消も、月間使用量の不明件数は8221件に拡大」

 東京電力の送配電事業部門である東京電力パワーグリッド(東京電力PG)は、需要家ごとの使用量データの通知が遅延している問題に関して10月7日に最新の改善状況を国の電力・ガス取引監視等委員会に報告した。9月23〜27日に検針した使用量データのうち、7営業日以内に通知できなかった件数は1日あたり150件前後まで減少した(図1)。検針対象の0.1〜0.2%に相当する。

 小売電気事業者と使用量を協議中のために保留になっているケースを除くと、新規の遅延件数は1日あたり50件前後に収まってきた。その半数は申し込み内容の確認に時間がかかっているもので、残りの半数は使用量を確定できないために未通知の状態になっている(図2)。

 以上の2つの問題を除いて、10月5日の時点でデータの未通知は解消できた(図3)。残る2つの問題を解決すれば、5月から続く一連の混乱を収束できる状況になる。そのためには根本の原因になっている託送業務システムの不具合を改修しなくてはならない。

 東京電力PGの託送業務システムでは、需要家ごとのメーターの種類(旧式・新型)を正確に認識できないケースが発生して、毎月の使用量を確定できない状態になっている。この不具合に対して、人手でデータを修正する暫定的な対策を先行して実施する一方、不具合を解消する恒久的な対策も進めてきた。国の委員会に報告した内容によると、これまで人手で対応してきた2種類の作業を年末までにシステムに切り替える予定だ。

使用量を確定できない問題は年を越しても続く

 改善する作業の1つは、新型のスマートメーターで計測する30分ごとの使用量データの補正である。家庭などに設置したスマートメーターで計量したデータは通信ネットワークを通じて東京電力PGの託送業務システムに送られるが、システムの不具合によってデータに欠損が生じる場合がある(図4)。

 その欠損データを自動的に補完するシステムを10月末に稼働させて、人手による作業を削減する予定だ(図5)。もう1つの作業は旧式のメーターと新型のスマートメーターで毎月の使用量を確定する日が異なるにもかかわらず、託送業務システムの内部で両者を混同するケースが発生している。メーターの種類を正しく認識できないためである。

 これまでメーターの違いによるデータの不整合を人手で修正してきたが、システムで補正できるように12月中に改修する。2種類の作業をシステムで処理できるようになれば、遅延の問題は大幅に解消できる見込みだ。ただし東京電力PGは託送業務システムの不具合を完全に改修できる見通しを明らかにしていない。恒久対策としながらも、年内に実施する対策は暫定的な措置の可能性もある。

 本来は需要家ごとの使用量のデータを小売電気事業者に通知する期限は検針から4営業日以内が原則になっている。東京電力PGは7営業日から4営業日以内に短縮する対策を引き続き検討中だ。追加の対策が必要だとすると、託送業務システムに何らかの不具合が残ったままになることが想定できる。

 東京電力PGはシステムの不具合を抱えながら、一方では毎月の使用量を確定できない問題に関して小売電気事業者と協議を続けている。最新の10月5日の時点では、4〜9月分の使用量に関して合計で9513件の協議が必要になっている(図6)。このうち小売電気事業者と合意して使用量(協定値)を確定できた件数は3084件である。

 前回の報告では9月20日の時点で協議対象件数8221件に対して、協定値を確定できた件数は2862件だった。約2週間で協議対象件数が1292件も増える一方、協定値を確定できた件数は222件にとどまっている。現状では12月分まで協議対象件数が増え続ける見通しで、使用量を確定できない問題は年を越すことがほぼ確実である。


スマートジャパン」は、日本各地の企業・自治体にとって喫緊の課題である電力の有効活用と安定確保に向け、節電・蓄電・発電のための製品検討や導入に役立つ情報を提供します。企業や自治体の総務部、システム部、店舗運営者、小規模工場経営者などの方々に向けて、電力管理や省電力化を実現する製品情報、導入事例、関連ニュースをお届けするほか、製品カタログや利用ガイドなども掲載していく予定です。 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/