ものづくりニュース by aperza

卵細胞の因子を用いて、高品質のiPS細胞を高効率に作製 ([MONOi...

2016/11/1 IT media

卵細胞の因子を用いて、高品質のiPS細胞を高効率に作製 ([MONOist])

 慶應義塾大学は2016年5月27日、卵細胞のみが持つ新しい因子を用いて、従来の方法よりも高品質なiPS細胞を、より均一かつ高効率に作製することに成功したと発表した。同大学医学部の福田恵一教授らの研究グループによるもので、成果は同月26日に米科学誌「Stem Cell Reports」オンライン版で公開された。

 iPS細胞は、さまざまな細胞に分化する能力(多分化能)を持つが、ES細胞に比べて多分化能が劣るほか、作製されたiPS細胞の特性にばらつきがあることが知られている。また、iPS細胞作製に汎用される「c-Myc」はがん遺伝子のため、腫瘍発生の懸念があるなどの課題があった。

 今回、同研究グループは、卵細胞にのみ発現するリンカーヒストンと呼ばれるタンパク質「H1foo(エイチワンエフオーオー)」に着目。H1fooを、iPS細胞作製時に導入する4つの遺伝子のうち、がん遺伝子のc-Mycを除く、Oct4/Sox2/Klf4の3つと共にマウスの分化細胞に発現させ、iPS細胞を作製した。その結果、iPS細胞の作製効率は、3つの因子だけの場合に比べて約8倍に高まった。

 さらに、3つの因子だけでiPS細胞を作製した場合、多能性遺伝子「Nanog」を高発現する質の良いiPS細胞コロニーの作製効率は約50%だが、H1fooを加えると90%以上に上昇した。このH1fooを含めて作製したiPS細胞は、培養皿上で胚様体と呼ばれる組織へ分化する能力がES細胞と同等に高く、iPS細胞間での分化能のばらつきも減少した。

iPS細胞作製過程における山中因子とH1fooのDNAに対する関係


iPS細胞から特定の細胞を分化誘導する為の胚様体作製


iPS細胞から分化多能性評価の為のキメラマウス作成


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/