ものづくりニュース by aperza

体内へマーカーを留置せず、高精度に腫瘍を追跡する技術を開発 ([MON...

2016/11/1 IT media

体内へマーカーを留置せず、高精度に腫瘍を追跡する技術を開発 ([MONOist])

 東芝は2016年9月26日、量子科学技術研究開発機構と共同で、重粒子線がん治療装置向けの腫瘍追跡技術を開発したと発表した。2017年度に同技術を搭載したシステムの実用化を目指すという。

 同技術は、体内に金属のマーカーを埋め込むことなく、肺がんなどの呼吸によって動く腫瘍の位置を特定できる。コンピュータによる学習機能を使った画像認識を利用し、誤差1mm程度の精度で腫瘍の位置を追跡できるという。

 具体的には、まず、治療前に撮影した4D-CT画像(3次元CTの動画)を基に、デジタル再構成シミュレーション画像(DRR画像)を作成する。その画像から、腫瘍のある/ない領域を分け、コンピュータにそれぞれの形態的特徴を学習させる。その後、3次元的な腫瘍の動きの軌跡から現在の位置を推定し、その周辺のX線画像から腫瘍らしさを計算することで、腫瘍の位置を高い精度で特定する。

 治療時は、2方向からX線透視をして腫瘍を追跡する。コンピュータは、学習で得た形態的特徴からどの領域が腫瘍かを判断し、計画した位置に腫瘍が来たタイミングで炭素イオンビームを照射する。肝臓がんなどの場合は、X線画像中の腫瘍を視認できないため、横隔膜などを手掛かりに腫瘍の位置を追跡する。

 従来、呼吸で動く腫瘍の治療には、体内へのマーカー留置が必要とされ、患者の負担が大きかった。同技術は、マーカーを使わずに腫瘍を捉えることができるため、患者の負担を低減できるとしている。



同技術の適用例。重粒子線呼吸同期照射のイメージ図。左:肺がん、右:肝臓がん




同上


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/