ものづくりニュース by aperza

人間の動作を記録・編集・再現できるロボットアームを開発 ([MONOi...

2016/11/1 IT media

人間の動作を記録・編集・再現できるロボットアームを開発 ([MONOist])

 慶應義塾大学は2016年9月29日、人間の動作を記録・編集・再現できる汎用ロボットアーム(General Purpose Arm:GP-Arm)を開発したと発表した。同大学理工学部の野崎貴裕助教がハプティクス研究センターと共同開発したもので、人間の代替として、産業や家庭、福祉介護、医療、農業分野などでの活用を目指す。

 同ロボットは、世界初という高精度な力触覚伝送機能を搭載した。人間の動作や、触れているモノの情報(剛性・粘性・慣性)を数値データとして取得・蓄積・解析し、同ロボットにダウンロードすることで、好きなときに好きな動作を再実行できる。

 従来のロボットでは困難だった力加減を自由自在に制御するため、人間のように柔軟で環境適応性の高い動作を生成できる。また、高速化・切り貼り・逆再生など、記録した動作情報を編集し、人間以上の力作業や微細作業、高速作業を行うことも可能だ。

 重量は9.5kgで、屈曲時のサイズは420×200×270mm、可動関節数は指先3/手首1/肘1/肩2の計7となる。可搬質量は2.4kgで、握力は816g。現在、複数の企業と共同研究開発を進めており、うち3社とは製品化の段階にあるという。



開発に成功したGP-Arm




ボトルをつかみワインをグラスに注ぐ様子


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/