ものづくりニュース by aperza

乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステムを発売 ([MONOi...

2016/11/1 IT media

乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステムを発売 ([MONOist])

 島津製作所は2016年8月29日、リンパ管を可視化し、乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステム「LIGHTVISION(ライトビジョン)」を発売した。

 近赤外光カメラシステムは、血管やリンパ管などに投与した薬剤ICG(インドシアニングリーン)に励起光を照射し、ICGから発生する微弱な近赤外光を画像化することで、血管やリンパ管の観察を可能にする。ICG蛍光法とも呼ばれるこの手法は近年注目されており、日本乳癌学会も診療ガイドラインで実践を推奨しているという。

 LIGHTVISIONは、高精細な画像を描出できるハイビジョン画像センサー内蔵で、執刀医がモニターを見ながら手術を進めることができる。また、明視野での撮影に対応しているため、手術室の照明を消す必要がない。

 さらに、「可視画像」「近赤外蛍光画像」「可視+近赤外蛍光画像」の3種類を同時に1つのモニターに表示して確認・比較ができる。視認性に優れ、「可視+近赤外蛍光画像」では、蛍光個所を白のほか、緑色や青色にも変更可能だ。

 カメラは、最大倍率10倍の電動ズームや自動フォーカス、自動露光調整、自動ホワイトバランス調整に対応。アームは約180cmまで伸ばせる。また、取り外し可能なコンソールから容易に本体の制御ができる。

 価格は2400万円から(税別。システム構成により異なる)。同社は今後、LIGHTVISIONの応用による血管造影にも取り組むとしている。




製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/