ものづくりニュース by aperza

世界初の6速MT搭載ハイブリッド車、ホンダ「CR-Z」が2016年内で...

2016/11/1 IT media

世界初の6速MT搭載ハイブリッド車、ホンダ「CR-Z」が2016年内で生産終了 (齊藤由希,[MONOist])

 ホンダは2016年6月9日、スポーツタイプのハイブリッド車「CR-Z」の生産を2016年内で終了すると発表した。これにあわせて「感謝の気持ちを込めた特別なモデル」(ホンダ)として特別仕様車を発売する。

運転の醍醐味をハイブリッド車に



生産終了を迎える「CR-Z」に“感謝の気持ちを込めた”特別仕様車 (クリックして拡大) 出典:ホンダ

 CR-Zは“運転の醍醐味を味わえるハイブリッド車をつくる”という趣旨の下で開発、2010年2月に発売した。当初の月販目標は1000台で、現在までに累計4万台を販売した。

 2010年発売時のパワートレインは排気量1.5l(リットル)のi-VTECエンジンと「IMA(インテグレーテッド・モーターアシスト)」を組み合わせたハイブリッドシステムだ。エンジンは車両の低全高フォルムを実現するために排気量1.3lエンジンと同等の高さに抑えた。モーターは最高出力が10kw(1500rpm)、最大トルク78Nm(1000rpm)で、小型化を図ったニッケル水素電池やパワーコントロールユニットで駆動する。

 ハイブリッドシステムは2012年のマイナーチェンジでリチウムイオン電池に変更するなど改良を加えた。

 トランスミッションは、ハイブリッドシステム向けに専用設計とした6速MTと、パドルシフトで7段のマニュアル変速ができるCVTの2種類を用意した。ハイブリッド車として世界初の6速MTだとしている。JC08モード燃費は6速MT車で20.6km/l、CVT車で23.0km/lだ。

 3種類の運転モードが設定されており、運転の楽しさから実用燃費の向上までドライバーが目的に合わせて選択できるようにした。エンジンのレスポンスを高めたスポーツモードでは、6速MTモデルはモーターアシストのレスポンスを向上、CVTモデルはエンジン回転数が高めになる変速比で加速感を強調する。電動パワーステアリングの制御も運転モードに合わせて手応えや軽快さを調整している。

5台目の特別仕様車



インテリアは黒を基調とする。「CR-Z Final label」のロゴも配する (クリックして拡大) 出典:ホンダ

 CR-Zでは第5弾となる最後の特別仕様車「CR-Z Final label」は、黒を基調としたインテリアや、専用マット塗装の軽量アルミホイールを採用。シート、ドアアームレスト、ステアリングガーニッシュなどが黒で統一される。シートやコンソールにはCR-Z Final labelのロゴも配する。ボディカラーは特別色の「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」を加えた全5色。税込みメーカー小売希望価格は6速MTモデル、CVTモデルともに280万円。



ホイール(左)やコンソール(右)も特別仕様のデザインとなる (クリックして拡大) 出典:ホンダ

ホイール(左)やコンソール(右)も特別仕様のデザインとなる (クリックして拡大) 出典:ホンダ


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/