ものづくりニュース by aperza

三菱エンジニアリングプラスチックス、高意匠性ポリカーボネート樹脂を開発

三菱エンジニアリングプラスチックス、高意匠性ポリカーボネート樹脂を開発

三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社は、特殊な染顔料と独自の配合技術を駆使することで、ポリカーボネート樹脂の特性はそのままに優れた意匠性を持った高意匠性ポリカーボネート樹脂を開発したと発表した。

優れた透明性と衝撃性を持ち、さまざまな着色用途に用いられてきたポリカーボネート樹脂。金属調や偏光調色を施すと成形性や衝撃性が低下しやすく、塗装を施すかピアノブラック原着が一般的だった。この課題に対し、特殊な染顔料をポリカーボネート樹脂と独自の配合技術でコンパウンドすることで、「光学特性」「衝撃性」「成形加工性」を維持したままポリカーボネート樹脂への調色が可能になったという。

■ラインアップ

  • 金属調(金、銀、銅)
  • 偏光パール
  • 偏光メタリック
  • 蓄光
  • 透明蛍光青
  • 光輝材の併用(蓄光、透明蛍光青、メタリックの併用品)

■用途例

  • アミューズメント
  • 自動車、電機電子分野の筐体部品
  • シート、フィルム分野

アミューズメント、自動車内装、ABS樹脂塗装部品の代替に最適としている。

img_96180_2-1-640x480 img_96180_3-640x480 img_96180_4-640x480 img_96180_5-640x480

株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。