ものづくりニュース by aperza

一般用3Dスキャナを業務用と同等性能に高めるソフトウェアを発表 ([M...

2016/11/1 IT media

一般用3Dスキャナを業務用と同等性能に高めるソフトウェアを発表 ([MONOist])

 ポンタ研究所は2016年9月9日、一般用の3Dスキャナと組み合わせて利用することで、業務用3Dスキャナと同等の機能・性能を実現するソフトウェア「RabbitScanner」を発表した。テクノスターと共同開発したもので、同年中に発売を予定している。

 現在同社では、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」を通じて、一般用3Dスキャナを業務用3Dスキャナと同等の性能に高めるソフトウェア「ポンタスキャナプログラム」を提供している。

 同ソフトは、インテル製のRealSenseカメラ「F200」もしくは「SR300」を内蔵した3Dスキャナと一緒に使うことで、業務用3Dスキャナに匹敵する高精細な3Dデータを取得できる。

 今回同社では、ポンタスキャナプログラムと同等の機能・性能を持つソフトとして、RabbitScannerを一般に向けて発売する。また、発売に先立ち、名古屋大学で開催される日本機械学会「第29回計算力学講演会」で、期間中の2016年9月22日に製品のデモンストレーションを行う予定だ。

「3Dスキャナの性能が劇的アップする魔法のソフト」プロジェクト紹介ページ


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/