ものづくりニュース by aperza

ルネサス、中期経営数値目標を上方修正 (竹本達哉,[EE Times ...

ルネサス、中期経営数値目標を上方修正 (竹本達哉,[EE Times Japan])

車載事業の好調を受けて

 ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2016年11月2日、2016年12月期第2四半期業績と中期成長戦略を発表した。中期成長戦略では、これまでの経営数値目標を上方修正し、売上総利益率50%、営業利益率20%以上を今後4〜5年程度の中期に達成を目指していく。

 ルネサスは、これまで経営数値目標として「売上総粗利益率45%」「営業利益率15%」を掲げてきた。今回、発表した中期成長戦略での数値目標は、これを上方修正し「売上総粗利益率50%」「営業利益率20%以上」へと改めた。

ルネサスが新たに掲げた数値目標 出典:ルネサス エレクトロニクス


呉文精氏

 ルネサス 社長兼CEOの呉文精氏は「これまでの売上総利益率45%という目標は、2020年ぐらいまでに達成できるという状況にあり、これを今回、5%上乗せし、50%とした。(上乗せの)5%分は、効率化や(2017年上期中に買収完了予定の)Intersil(インターシル)との統合によるシナジーを極大にまで広げて、達成したい。営業利益率も従来目標の15%は数年内に達成できる見込みとなっているため、そこからの積み上げを図る」と語った。

 また新たな数値目標として、注力市場の市場成長率の2倍となる半導体売り上げ成長率達成を掲げ「注力市場の市場成長率はおおよそ3%とみており、ルネサスとしては6〜7%の売り上げ成長を目指すことになる」(呉氏)とした。

 この他、売上高に占める研究開発(R&D)費比率も「売上高を伸ばすため」(呉氏)との狙いから従来の15%から16〜18%に高め、新製品開発を急ぐ方針を打ち出した。

 注力領域としては、高い世界シェアを誇るマイコンとSoC(System on Chip)といった製品を軸に、自動車、産業/汎用領域を狙う方針で、これまでと変えていない。

ルネサスが注力する事業領域 出典:ルネサス エレクトロニクス

 自動車向け事業では、2015年度世界出荷数9億2000万個で「世界ナンバーワンシェア」とする車載マイコン/SoCでさらなるシェア向上を狙う。特に近年は、「競合よりも2年先を行っている」(大村氏)という先端のフラッシュ混載プロセス技術を使ったマイコン製品で、比較的シェアの低かった車体制御向け、シャシー&セーフティー用途向けを中心に「好調にデザインインを獲得している」(大村氏)。その上で、大村氏は「東日本大震災での被災影響などにより2013年度まで減少傾向にあった(車載事業における)新規商談(デザインイン)獲得金額は、2014年度以降大きく回復し、2015年度は過去最高の商談獲得金額(=顧客生涯価値[LTV]ベースで5000億円以上)を達成し、2016年度も上期時点で、2015年度通期獲得規模に迫るデザインインを獲得できている」と将来のシェアアップに向け自信を示した。

自動車向け半導体事業における商談獲得状況を示した資料 出典:ルネサス エレクトロニクス

インターシルとの統合「順調」

 設備投資については、「これまで(構造改革として)余剰の生産設備を削減してきたが、現在は、旺盛な需要により相当頑張らないと供給できない状況になり、設備投資を行って需要に応えている状況」(呉氏)と説明。ただ「工場の増床や新設などは行わず、今あるクリーンルームを有効活用する設備投資にとどめる」とした。

 また、自社工場の活用は、「信頼性が求められる車載向けのプロセスや、すり合わせが必要な主にアナログ向けのプロセスなど、プロセス自体が競争力に持つものに限る。逆に微細プロセスを使うマイコンなどデジタル製品については、外部工場への委託を行う。(2017年サンプル出荷予定の)28nmプロセス採用車載マイコンの生産も、自社工場では行わない」との方針を示した。

 2017年上半期中の買収完了を目指すIntersilとの統合作業については、「順調に進んでいる」とし、ドイツ、米国、韓国の各当局から承認を得ていることを明かし、「2017年上半期末、6月末ではなく、もう少し早いタイミングで(買収を)完了する見込み」との見通しを示した。

 なお、このほど合意が発表されたQualcomm(クアルコム)によるNXP Semiconductors(NXPセミコンダクターズ)の買収に関して呉氏は、「Analog Devices(アナログ・デバイセズ)によるLinear Technology(リニアテクノロジー)の買収なども含め、昨今の業界再編の動きにより、競争は激しくなるだろう」と前置きしつつ、「われわれも苦渋の決断で携帯電話機向け半導体から撤退しその結果、今のような強い車載向け半導体事業を築いてきた。(QualcommがNXPを買収し)携帯電話機向けも車載向けも手掛けるというのは、製品ライフサイクルなどさまざまな違いがあり、簡単にはいかないだろう」との見方を示した。

第2四半期業績は減収減益に

 この日、ルネサスが発表した2016年12月期第2四半期累計(4〜9月)の業績は、売上高3046億円(前年同期比15.6%減)、営業利益331億円(同47.5%減)、純利益194億円(同66.2%減)で、減収減益だった。同期間の売上総利益率は42.0%。営業利益率は10.9%。

2016年12月期第2四半期業績概要 出典:ルネサス エレクトロニクス

 第2四半期(7〜9月)3カ月間業績は、売上高1526億円、営業利益146億円、純利益94億円。いずれも当初予想を上回ったものの前年同期に比べると減少した。Non-GAAPベースで、売上総利益率は42.5%、営業利益率は10.8%で、「季節要因による費用増により前四半期比で減少した」(常務兼最高財務責任者 柴田英利氏)

 2016年7〜9月業績について、柴田氏は「円高による為替影響、非注力製品からの撤退影響があり売り上げは下方圧力が強かったものの、自動車向けを中心に需要が堅調で、想定よりも震災影響が軽減され、売上高は第1四半期(1520億円)から微増になった」とする。

 2016年12月期第3四半期(10〜12月)業績については、売上高1614億円、売上総利益率は42.8%、営業利益率12.9%と、いずれも第2四半期比増を見込む。

2016年12月期第3四半期および通期業績予想の概要 出典:ルネサス エレクトロニクス

 第3四半期について「為替影響が落ち着き、(第2四半期までの)震災影響がない上、クルマ向けを中心に堅調な需要を背景に、比較的大きな増収となる」(柴田氏)とした。

 なお、その結果、2016年12月期通期(4〜12月/決算期変更のため9カ月累計)業績予想は、売上高4660億円、営業利益540億円、純利益370億円で、売上総利益率42.3%、営業利益率11.6%を見込んでいる。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/