ものづくりニュース by aperza

リーズナブルな3Dスキャナを業務用並みの高精度にするソフトを発売 ([...

2016/11/1 IT media

リーズナブルな3Dスキャナを業務用並みの高精度にするソフトを発売 ([MONOist])

 ポンタ研究所は、市販されている廉価な3Dスキャナと組み合わせて使うことで、プロ用や業務用の3Dスキャナに匹敵するほど読み取り性能が向上し、高精度の3Dデータが得られるソフトウェア「ポンタスキャナ」を開発。クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」を通じて発売した。

 同ソフトは、インテルのRealSense3Dセンサー「F200」を搭載した3Dハンディスキャナ、または「SR300」搭載の開発者向けキットと組み合わせて使用する。それにより、これらの1万数千〜2万5000円程度で購入できる3Dスキャナで、プロ用・業務用3Dスキャナ並みの高精細3Dデータを得ることができる。

 同研究所の稲葉正和代表取締役は、東京大学の矢川研究室でフリーメッシュ法の研究に携わってきた。今回のソフト開発にあたっては、同大学の矢川元基名誉教授が考案したフリーメッシュ法の局所要素生成アルゴリズムに、独自の条件を追加したり変更を加えるなどして高精度スキャナソフトへ応用。高精度スキャニングに特化したソリッドな3次元Delaunay(デローニー)分割を可能にした。

 動作スペックは、Windows8.1以降、USB3.0ポート搭載のPCで、CPUは第4世代Core-i5 1.2Ghz以上、メモリは4GB以上となっている。

 CAMPFIREでの支援金額は1万円(プログラム本体のみ)で、2016年10月に届けられる予定だ。



製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/