ものづくりニュース by aperza

モノづくり企業応援サイトでクラウドファンディングプロジェクトを開始 (...

2016/11/1 IT media

モノづくり企業応援サイトでクラウドファンディングプロジェクトを開始 ([MONOist])

 中外テクノスは2016年10月5日、日本のモノづくりを応援するサイト「モノホライズン」にて、第1弾となるクラウドファンディングプロジェクトを開始した。

 モノホライズンは、同社が9月1日にリリースしたWebサイトだ。日本のモノづくりについて「知る・買う・応援する」ことを目的としたもので、下請け体質からの脱却を目指して、国内のモノづくり中小企業の訴求力・販路拡大力・開発力をサポートする。

 同サイトでは、全国のモノづくり企業と製品を対象に「モノホライズンレコード」「モノホライズンショップ」「モノホライズンプロジェクト」を展開。モノホライズンレコードでは、モノホライズン運営事務局が企業を取材し、動画で紹介する。モノホライズンショップでは、製品を掲載し直送販売する。モノホライズンプロジェクトでは、企業によるクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げる。

 中外テクノスによると、モノホライズンプロジェクトは、従来のクラウドファンディングサイトが抱える3つの問題を解決したものだという。まず、費用は運営にかかる5%の手数料のみで、個人の支援者から収益としての手数料は差し引かない。また、目標金額を達成すれば、同サイトショップにて販売を継続できる。さらに、ユーザーがレコード記事とつながることで各企業への理解が深まるとしている。

 今回発表された、クラウドファンディングプロジェクトの第1弾は、小中学生と親のためのフリーペーパーを発行する、岩手県のトライアングルカンパニーを支援するプロジェクトだ。

 モノホライズンについて、中外テクノスでは会員数を1年以内に1万人、3年以内に年商1億円を目標として掲げている。長期的にはビジネスマッチングや人材採用を支援するなど、総合的なモノづくり中小企業の支援サービスを目指すとしている。

「モノホライズンショップ」バナー


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/