ものづくりニュース by aperza

メディカル用途に適したポータブルレコーダーシステム ([MONOist...

2016/11/7 IT media

メディカル用途に適したポータブルレコーダーシステム ([MONOist])

 パナソニックは2016年10月17日、メディカル用途向けの、術野収録に適したポータブルレコーダーシステム「POVCAM」を開発したと発表した。同システムは、メモリカード・ポータブルレコーダー「AG-MDR25」と4Kコンパクト・カメラヘッド「AG-MDC20」で構成されている。2017年春に発売予定だ。

 AG-MDR25/MDC20は、現在の医療映像記録に求められる高画質HD映像を得られる上に、臨場感のある4K(3840×2160)30p映像の収録が可能だ。PCやネットワークとの連携ができるIP接続に対応する。同社の業務用フルHD術野カメラシステム「AG-MDR15/MDC10G」の後継機種で、従来機同様に小型・軽量のフリースタイルとなっている。

 メモリカード・ポータブルレコーダーのAG-MDR25は、SDXCメモリカード対応のダブルSDカードスロットを備えており、リレー記録によって長時間の連続記録ができる。AG-MDC20との接続時には、レコーダー側でカメラの操作が可能だ。両者を接続する専用ケーブルは最長20m(別売)。操作部のスイッチはメンブレン(膜状の)シートで覆われており、容易に消毒用エタノールで拭き取りができる。

 その他にも、3G-SDI入出力、マイク/ライン入力、HDMI出力を装備。LAN端子もあり、LAN接続によるIPリモートおよびIPストリーミングによってネットワーク運用性が高いのも特長だ。PCやタブレットからカメラリモート(ズーム、フォーカス、アイリスほか)をしたり、収録中にPCなどでモニタリングしたり、収録後には収録ファイルをFTPサーバに転送することもできる。

 コンパクト・カメラヘッドのAG-MDC20は、設置が容易で機動性に優れる。光学20倍ズームレンズ、無影灯色再現モードを備え、16軸独立色補正機能により微細な色再現が可能だ。光学NDフィルターを設定することで、無影灯の高輝度下でも絞りすぎによる解像度劣化を防いで、適切な明るさに調整できる。さらに、アーム作動時の撮影でも映像の振れを抑える5軸ハイブリッド画揺れ補正など、術野収録に適した仕様と機能を備えている。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/