ものづくりニュース by aperza

ポーランド工場でハイブリッド用トランスアクスルとガソリンエンジンを生産...

2016/11/1 IT media

ポーランド工場でハイブリッド用トランスアクスルとガソリンエンジンを生産 ([MONOist])

 トヨタ自動車は2016年10月20日、ポーランドのトランスミッション/エンジン生産工場であるトヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ポーランド(TMMP)で、2018年よりハイブリッド用トランスアクスルの生産を開始すると発表した。また、ディーゼルエンジン生産工場のトヨタ・モーター・インダストリーズ・ポーランド(TMIP)では、2017年に1.5Lガソリンエンジンを、2019年に2.0Lガソリンエンジンを生産開始する。

 新規生産に伴う追加投資額は約1億5000万ユーロ(約170億円)で、生産を開始した2002年からの累計投資額は、9億5000万ユーロ(約1080億円)になる。

 ハイブリッドパワートレインの重要部品であるハイブリッド用トランスアクスルは、現在、日本で生産したものを欧州生産のハイブリッド車に使用している。今後は2018年からTMMPへ生産を移管し、以降はオーリス・ハイブリッドとオーリス・ツーリング・スポーツ・ハイブリッドに同工場製を搭載する。また、2015年末に生産を開始する新型クロスオーバー「TOYOTA C-HR」のハイブリッド車にも搭載する。

 トヨタ・モーター・ヨーロッパでは、今後ハイブリッドが他社との差別化の要になると見ている。ハイブリッド販売は今後も増加が予想され、現在約30%のハイブリッドの販売比率を、2020年には50%まで上げることを目指す。



トヨタポーランド工場




トランスミッションの製造




エンジンの製造

FAメルマガ 登録募集中!



FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/