ものづくりニュース by aperza

ボディスキャン機能を搭載したハンディタイプの3Dスキャナを発売 ([M...

2016/11/1 IT media

ボディスキャン機能を搭載したハンディタイプの3Dスキャナを発売 ([MONOist])

 XYZプリンティングジャパンは2016年9月16日、ハンディタイプの3Dスキャナ「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」に、ボディスキャン機能を追加した新バージョン(1.0A)を発表した。同月29日まで同社のサイトで先行販売を実施し、家電量販店などでは同月30日より販売を開始する。価格は2万9800円で、先行販売時は2万6800円となる。

 XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー 1.0Aは、インテル RealSenseテクノロジーを採用し、被写体を容易に3Dデータ化できる。ヘッド/オブジェクトのスキャンモードのほか、ボディスキャニングモードを新たに搭載。全身スキャンも可能にした。

 本体サイズは幅41×奥行き61×高さ157mmで、重量は238g(USBケーブル含む)と小型・軽量のため、持ち運びも容易だ。最小スキャンサイズは5×5×5cm、最大スキャンサイズはオブジェクトモードで60×60×30cm、ヘッドモードで40×25×40cm、ボディスキャンモードで100×100×200cm。スキャン解像度は1.0〜2.5mmで、動作範囲は10〜70cmとなる。

 

 スキャンソフトなどを収録したSDカードが同梱されており、すぐにスキャナを使用できるという。









「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー 1.0A」の使用イメージ


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/