ものづくりニュース by aperza

ホンダのGT500参戦車両、“コンセプト”が外れて「NSX-GT」に ...

2016/11/3 IT media

ホンダのGT500参戦車両、“コンセプト”が外れて「NSX-GT」に (朴尚洙,[MONOist])

 ホンダは2016年11月2日、2017年シーズンの「SUPER GTシリーズ」の「GT500クラス」に参戦予定の「NSX-GT」を公式Webサイトで公開したと発表した。



ホンダの2017年シーズン「GT500クラス」参戦車両「NSX-GT」 出典:ホンダ




「NSX-GT」のフロントフェイス(左)、サイドビュー(中央)、リアビュー(右) 出典:ホンダ

「NSX-GT」のフロントフェイス(左)、サイドビュー(中央)、リアビュー(右) 出典:ホンダ

「NSX-GT」のフロントフェイス(左)、サイドビュー(中央)、リアビュー(右) 出典:ホンダ

 NSX-GTは、2016年8月に国内発表した新型「NSX」をベースとしたレース専用車両である。新型NSXのヘッドライトやミッドシップレイアウト特有のルーフのスラント形状、フローティングCピラーなど、造形美と高い動力性能を視覚的に表現したデザインを継承するとともに、2016年シーズンに対して25%のダウンフォース削減を図った2017年シーズンのGT500車両規則に対応すべく、デザインラインより下の空力開発可能領域を中心に開発を進めています。

 新型NSXのパワートレインは、排気量3.5l(リットル)のV型6気筒ツインターボエンジンをミッドシップに配置した3モーターのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD(」を採用している。NSX-GTは、これに替えて、レース専用に開発した排気量2.0l(リットル)の直列4気筒直噴ターボエンジンをミッドシップに搭載しており、ハイブリッドシステムは採用していない。



2014年シーズンからGT500クラスに3年連続で参戦してきた「NSX CONCEPT-GT」(左)と新型「NSX」(右)の外観 出典:ホンダ

2014年シーズンからGT500クラスに3年連続で参戦してきた「NSX CONCEPT-GT」(左)と新型「NSX」(右)の外観 出典:ホンダ

 2014年シーズンからGT500クラスに3年連続で参戦してきた「NSX CONCEPT-GT」は、3年目の2016年シーズンからハイブリッドシステムの搭載を取りやめている。サプライヤからのバッテリー供給が困難になったためだ。2017年シーズンから参戦するNSX-GTについても、ハイブリッドシステムの搭載は見送られたようだ。

 なお、NSX-GT、NSX CONCEPT-GTともエンジン型式は同じ「HR-414E」だ。しかし、最高出力はNSX-GTが440kW(600ps)以上、NSX CONCEPT-GTが400kW(550ps)以上で、NSX-GTでは10%性能が向上している。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/