ものづくりニュース by aperza

パナソニック、産業機器などの高速通信に適したフォトカプラを製品化

パナソニック、産業機器などの高速通信に適したフォトカプラを製品化

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、電気的に絶縁しながら信号を伝達するフォトカプラ『PhotoICカプラ』を製品化、2016年9月から販売を開始した。

d3442-2419-637636-1

製品概要

『PhotoICカプラ』は、転送レート50Mbpsの高速通信、および高い耐ノイズ性能、高温動作保証を実現。

特長

■転送レートTyp.50Mbpsの高速通信に対応
■高い耐ノイズ性能により、機器の高機能化に貢献
   高瞬時同相除去電圧(CMTI):15kV/μsec以上
■高温での動作を実現
   高温動作保証(摂氏-40度~摂氏+105度)

用途

産業機器(PLC、温調器、センサ、モータ、インバータ、サーボアンプなど)、エネルギーマネジメント機器(パワーコンディショナー、蓄電池など)、その他(各種I/O(Input/Output)インターフェース、エレベータ、環境インフラ用制御盤)

製品化の背景

工場でのIoT化の進展に伴い、工場や工程内のPLCやセンサなど各種機器の通信部には、データ通信の高速化、高容量化の要求が高まっている。

また機器の誤動作や故障防止のため、機器内外から発生するノイズへの耐性が求められる。

さらに高機能化を背景に小型化と部品点数の増加が進み、機器内の発熱が高くなる傾向にあることから、高温環境下での動作保証も要求されている。

こうした状況を受けて、『PhotoICカプラ』を製品化、パナソニックとして初めて市場投入した。

 

出典:「産業機器などの高速通信に適したフォトカプラ「PhotoICカプラ」を製品化」PR TIMES


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。