ものづくりニュース by aperza

ハウステンボス、「ロボットの王国」を展開、スマートロボット実証実験でロ...

ハウステンボス、「ロボットの王国」を展開、スマートロボット実証実験でロボットメーカーを募集

ハウステンボスは、2016年7月16日に世界最先端のロボットが登場する『ロボットの王国』をオープンさせることを発表した。

4月29日〜5月5日のプレオープンでは、自在に操縦できる搭乗型ロボット、複数のロボットが繊細・コミカルなダンスで魅了するロボットショー、ロボット楽団によるコンサートなどを展開するほか、高さ9mの実物大パトレーバーの常設展示を実施する。

7月16日以降は、ロボットと遊び・作り・体験できるミュージアム「ロボットの館」や、ロボット企業ブースが集う複合施設、200年後のレストランをテーマにしたロボットの店長とシェフが取り仕切る未来のレストラン「変なレストラン」が登場。ロボットによるエンターテインメントを提供するとともに、実際にロボットに触れるという実証実験を通してノウハウを蓄積し、サービス産業におけるロボットの進化に寄与するとしている。

またさまざまなロボットを活用することで、新たなロボットの活用用途を検討する。それに伴って、有効性が見込めるロボットについては、PwC ならびに DMM.com にてロボ ットの消費者市場への販売ならびに法人市場における導入の支援を実施するという。なお募集は2016年4月末実〜5月末日の1ヶ月間。


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。