ものづくりニュース by aperza

トヨタは円高で減収減益も「将来への種まきはブレずにやっていく」 (朴尚...

2016/11/1 IT media

トヨタは円高で減収減益も「将来への種まきはブレずにやっていく」 (朴尚洙,[MONOist])

トヨタ自動車の大竹哲也氏

 トヨタ自動車は2016年8月4日、東京都内で会見を開き、2016年度(2017年3月期)第1四半期(4〜6月期)連結決算について説明した。連結販売台数は前年同期比で2.8%増の217万2000台と好調だったが、急激に進んだ円高など為替変動の影響により、売上高が同5.7%減の6兆5891億円、営業利益が同15%減の6422億円に落ち込んだ。

 営業利益では、前提としていた1ドル108円以下に円高が進行するなどの為替変動影響が前年同期比で2350億円の減益要因となった。しかし。原価改善や営業面の努力によって1450億円のもうけを積み増すことで、最終的には1137億円の減益にとどめることができた。

トヨタ自動車の2016年度第1四半期決算結果(左)と営業利益の増減要因(右) 出典:トヨタ自動車
トヨタ自動車の2016年度第1四半期決算結果(左)と営業利益の増減要因(右) 出典:トヨタ自動車

 為替の影響は大きかったものの「第1四半期は、自動車販売はおおむね好調で、期初の通期見通しからみても良いパフォーマンスだった」(トヨタ自動車 常務役員の大竹哲也氏)という。実際に各地域の販売台数は、日本市場が「プリウス」「シエンタ」「パッソ」といった新型車がけん引し前年同期比4.7%増の51万1000台、北米市場がトラック、SUVへのシフトがあったものの同2%減の71万5000台、欧州が同7.7%増の22万2000台、アジアがインドネシアとフィリピンが好調で同17%増の38万4000台となった。唯一、その他市場は、原油安の影響を受けた中近東やアフリカで大きく減少し同10.8%減の34万台になった。

トヨタ自動車の2016年度第1四半期の連結販売台数 出典:トヨタ自動車


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/