ものづくりニュース by aperza

トヨタの小型SUV「C-HR」はハイブリッドとターボで国内展開、201...

2016/11/1 IT media

トヨタの小型SUV「C-HR」はハイブリッドとターボで国内展開、2016年末に発売 (朴尚洙,[MONOist])

 トヨタ自動車は2016年9月28日、新たに開発している小型クロスオーバーSUV「C-HR」の日本市場向け仕様を発表した。2015年12月発売の4代目「プリウス」で初採用した「TNGA(Toyota New Global Architecture)」の第2弾車両となる。パワートレインは、4代目プリウスと同じく、排気量1.8l(リットル)のアトキンソンサイクルエンジンと組み合わせたハイブリッドシステムの他、「オーリス」などに採用している排気量1.2lターボエンジンをそろえた。2016年11月上旬からWebサイトで先行商談受付を始め、2016年末に発売する。



トヨタ自動車の小型SUV「C-HR」 出典:トヨタ自動車




「C-HR」のサイドビュー(左)とリアクォータービュー(右) 出典:トヨタ自動車

「C-HR」のサイドビュー(左)とリアクォータービュー(右) 出典:トヨタ自動車

 C-HRは、2014年10月開催の「パリモーターショー2014」でコンセプトカーの「C-HR Concept」として披露された。その後、「フランクフルトモーターショー2015」やや「東京モーターショー2015」でコンセプトモデルを、「ジュネーブモーターショー2016」で量産モデルを公開している。2016年6月に内装デザインを公開した際に、欧州市場で9月から事前受注を始めることを明らかにしていたが、日本での事前受注開始時期は未定だった。



「パリモーターショー2014」で披露したコンセプトカー「C-HR Concept」(左)と「フランクフルトモーターショー2015」で公開した「C-HR」のコンセプトモデル(右) 出典:トヨタ自動車

「パリモーターショー2014」で披露したコンセプトカー「C-HR Concept」(左)と「フランクフルトモーターショー2015」で公開した「C-HR」のコンセプトモデル(右) 出典:トヨタ自動車

 日本仕様では、ハイブリッド車がFFモデルで、ターボエンジン車は四輪駆動(AWD)モデルとなる。それぞれ標準グレードの「S」と装備強化グレードの「G」があり、合計4グレードでの展開となる。欧州仕様では、ターボエンジン車で6速MTを選択可能だったが、日本仕様では言及がない。また、排気量2.0lエンジン車も日本仕様では用意していない。

 日本仕様の4グレードとも、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた運転支援システム「Toyota Safety Sense P」を標準装備する。

「センシュアル スピード−クロス」と「我が意の走り」

 C-HRのデザインコンセプトは「センシュアル スピード−クロス」。スピード感あふれるボディ、SUVのたくましい足回りを表現した他、質感/形状/色など細部にこだわり、大人の感性に響く意匠を追求したとしている。

 走りのコンセプトは「我が意の走り」で、TNGAの取り組みのさらなる進化によって、低重心パッケージや高いボディ剛性を実現し、優れた操縦安定性/快適な乗り心地を達成したという。欧州をはじめ世界のさまざまな道や国内外のサーキットコースで走行テストを重ね、走りを徹底的に鍛え上げた。

 車両外観は、当初のコンセプトカーと同様に「ダイヤモンド」をモチーフにしている。強く絞り込んだボディーと、大きく張り出したホイールフレアの対比による立体構成で、特徴的で構えの良い造形を創出した。リアアウトサイドドアハンドルをボディーに一体化したデザインとすることで、2ドアクーペのような印象を与えている。このドアハンドルは、競合の日産自動車「ジューク」やホンダ「ヴェゼル」とも異なる形状になっている。

 内装のデザインコンセプトは、2016年6月発表の際と同様に「センシュアル-テック」で、新しい操作空間を大人っぽい意匠に仕上げ、先進感を演出した。



「C-HR」の内装デザイン 出典:トヨタ自動車

「C-HR」の内装デザイン 出典:トヨタ自動車


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/