ものづくりニュース by aperza

デザインコンテスト優勝の「コペン アドベンチャー」を3カ月で実車化でき...

2016/10/31 IT media

デザインコンテスト優勝の「コペン アドベンチャー」を3カ月で実車化できた理由 (朴尚洙,[MONOist])

 ダイハツ工業が2014年6月に市場投入した2代目「コペン」。“ニッチ”市場向けと言っていい、2人乗りの軽オープンスポーツカーだが、初年度の2014年は7カ月で6754台、2015年は年間で7274台を記録した。発売から19カ月の月平均販売台数は738台である。

 コペンのようなニッチ市場向けの車両は、発売初年度だけでなく次年度も売れ続けるかが勝負になる。1年半以上が経過した時点で、当初の目標だった月間販売台数700台を上回っているわけで、このことは健闘していると言っていいだろう。

 2代目コペンは「売れ続ける」ためにさまざまな施策を展開してきた。2014年6月の第1弾「ローブ」の発売に続き、2014年11月には異なるデザインの「エクスプレイ」を投入。2015年6月には、ローブとの間で着せ替えが可能な丸目デザインの「セロ」を発売している。半年前後に1回のペースで話題を提供することにより、ユーザーの興味を集められるようにしているのだ。

 樹脂外板を着せ替えられる「DRESS-FORMATION」が特徴のコペンは、プロモーションの場としてカスタムカーの展示会である「東京オートサロン」を重視している。発売前の2014年、発売後の2015年もコペンに関する話題を提供してきたが、今回の「東京オートサロン2016」(2016年1月15〜17日)でも、さまざまな仕掛けが用意されていた。

 その1つが、コペンの新たなデザインを公募するコンテスト「DRESS-FORMATION Design Award」のグランプリ作品である「コペン アドベンチャー(以下、アドベンチャー)」の実車化である。

実車化された「コペン アドベンチャー」(左)とデザインスケッチ(右)
実車化された「コペン アドベンチャー」(左)とデザインスケッチ(右)


実車化した「コペン アドベンチャー」のフロントビュー(左)、サイドビュー(中央)、リアビュー(右)
実車化した「コペン アドベンチャー」のフロントビュー(左)、サイドビュー(中央)、リアビュー(右)
実車化した「コペン アドベンチャー」のフロントビュー(左)、サイドビュー(中央)、リアビュー(右)

 アドベンチャーは、エクスプレイからの着せ替えが可能な「タフSUV」をイメージしたクルマだ。ダイハツ工業は、1970年代後半〜1980年代にかけてラリーレースに参戦していた。その「ラリーのダイハツ」のDNAを感じさせるデザインが高く評価されるなどして、グランプリ作品に輝いた。コペンのチーフエンジニアを務めるダイハツ工業 製品企画部の藤下修氏は「若々しくてピュアなデザイン。サバンナに立つ若々しいライオンのようで、自動車メーカーのデザイナーとは異なる発想から生まれており、われわれも大変刺激を受けている」と語る。

ダイハツの藤下修氏(左)と「コペン アドベンチャー」をデザインした越阪部圭亮氏


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/