ものづくりニュース by aperza

ディープラーニング対応のGPUコンピューティングをクラウドサービスで提...

2016/11/1 IT media

ディープラーニング対応のGPUコンピューティングをクラウドサービスで提供 ([MONOist])

 IDCフロンティア(IDCF)は2016年7月28日、高性能GPUコンピューティングをクラウドサービスで提供することを発表した。ディープラーニングに対応できるGPUを搭載したもので、2016年第3四半期(10〜12月)に提供を開始する予定だ。

 今回発表されたGPUコンピューティングは、米NVIDIAの「NVIDIA Tesla GPUアクセラレータ」をサーバに搭載し、ディープラーニングに不可欠となる、高度な処理能力を備えた最上位の仮想マシンとして提供される。演算処理能力は、同社が提供する「IDCFクラウド」のハードウェア専有タイプで最上位の「highio.5XL128」(CPU 40コア、2.5GHz相当)の約20倍になるという。

 このサーバをクラウドにて提供することで、ユーザーは強力なコンピューティングパワーを必要な時に利用でき、処理基盤の構築や維持・運用の時間、コストを削減できる。利用料金は従量料金を予定している。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/