ものづくりニュース by aperza

ダッソー・システムズ、仏Ortemsの買収で3Dエクスペリエンスの適用...

2016/11/1 IT media

ダッソー・システムズ、仏Ortemsの買収で3Dエクスペリエンスの適用範囲を拡大 ([MONOist])

 ダッソー・システムズは2016年6月16日、仏Ortemsを買収したと発表した。同買収により、同社の3Dエクスペリエンス・プラットフォームの適用範囲は、サプライチェーンのプランニングとオペレーションの領域にまで拡大する。

 Ortemsは、オンプレミスおよびクラウド環境向けに、生産や設備などの能力制約を考慮した生産スケジュールとディスパッチングのソフトウェアを提供している。同社のソリューションは、自動車や産業機械などの幅広い業界で、スマートファクトリーの製造オペレーション管理(MOM)に使用された実績を持つ。

 今回の買収により、Ortemsの機能をダッソーのDELMIA Quintiqのサプライチェーン・プランニングや最適化機能と組み合わせることで、DELMIAブランドにおける生産計画やスケジューリングの機能を強化する。

 これにより、ダッソーの3Dエクスペリエンス・プラットフォームとインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスの適用範囲は、次世代の製造実行系やサプライチェーンにおけるデリバリーにまで拡大。グローバル規模で展開する顧客企業のインダストリアル・オペレーションの計画/実行/最適化を、より強力に支援できるようになるという。

 Ortemsが補完するELMIAブランドには、デジタル・マニュファクチャリングから、次世代MESである製造オペレーション管理、サプライチェーン・プランニングとその最適化までを単一のリファレンシャル・データモデル上に構築し、ユーザーに統一されたエクスペリエンスを提供するDELMIA Aprisoも含まれる。

 なお、今回の買収は、2016年5月31日に完了した。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/