ものづくりニュース by aperza

セミマットの特別塗装や910kgまでの軽量化、特別なロードスターがお目...

2016/11/2 IT media

セミマットの特別塗装や910kgまでの軽量化、特別なロードスターがお目見え (齊藤由希,[MONOist])

 マツダは2016年10月25日(現地時間)、カスタムカーの展示会「2016 Specialty Equipment Marketing Association(SEMA)」(ラスベガス、2016年11月1日〜4日)において、「MX-5(日本名ロードスター) RF」の「Kuro concept」と軽量化を図った「スピードスター」を出展すると発表した。



ロードスター RFをセミマットの黒で塗装した「Kuro concept」(左)と、マシーングレープレミアムメタリックの市販モデル(右)(クリックして拡大) 出典:マツダ

ロードスター RFをセミマットの黒で塗装した「Kuro concept」(左)と、マシーングレープレミアムメタリックの市販モデル(右)(クリックして拡大) 出典:マツダ




ワンメイクレースの指定部品である車高調整機構付きサスペンション(クリックして拡大) 出典:マツダ

 MX-5 Kuroは、リトラクタブルハードトップのMX-5 RFをセミマットブラックのコンセプトカラーで塗装している。足回りは、BFGoodrichのタイヤ「Rival G-Force」(サイズ 215/45R17)とRAYSの鍛造ホイールを組み合わせた。

 また、マツダMX-5カップ仕様の指定部品として使われた車高調整機構付きサスペンションも採用している。

スピードスターはさらに軽量化

 スピードスターは、2015年のSEMAショーで出展した仕様からさらに45kgの重量削減を図っており、車両重量は市販されているロードスターのソフトトップのベースグレードよりも約80kg軽い。



ロードスターのスピードスター(左)とソフトトップ(右)。スピードスターはソフトトップのベースグレードから大幅に軽量化されている(クリックして拡大) 出典:マツダ

ロードスターのスピードスター(左)とソフトトップ(右)。スピードスターはソフトトップのベースグレードから大幅に軽量化されている(クリックして拡大) 出典:マツダ

 これらのコンセプトモデルはマツダ デザイン アメリカが企画した。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/