ものづくりニュース by aperza

スズキが「エスクード」派生車をインドに投入、「ビターラ ブレッツァ」 ...

2016/10/31 IT media

スズキが「エスクード」派生車をインドに投入、「ビターラ ブレッツァ」 (齊藤由希,[MONOist])

 スズキとインド法人のマルチスズキは2016年2月3日、インドのデリーで開催している「オートエキスポ2016」(一般公開日:2016年2月5〜9日)において、小型SUV「ビターラ ブレッツァ」を発表した。スズキが欧州と日本で販売しているSUV「ビータラ(日本名:エスクード)」の派生車種となる。

インドで発売する新型コンパクトSUV「ビターラ ブレッツァ」(左)。「ビターラ(日本名:エスクード)」(右)の派生車種となる (クリックして拡大) 出典:スズキ
インドで発売する新型コンパクトSUV「ビターラ ブレッツァ」(左)。「ビターラ(日本名:エスクード)」(右)の派生車種となる (クリックして拡大) 出典:スズキ

 ビターラ ブレッツアは、インドのユーザーの好みや価値観を重視して開発したモデル。力強いダイナミックなエクステリアと、スマートフォン連携ディスプレイや自動追従走行機能など充実した快適/安全装備、9パターンの豊富な車体色、多様なオプションパーツの設定が特徴だ。グルガオン工場で生産し、インド国内で発売する。

 ビターラ ブレッツアの外形寸法は全長3995×全幅1790×全高1640mmで、ビターラの外形寸法の全長4175×全幅1775×全高1610mmと比較すると全長が180mm短い。このため、ビターラとは異なるプラットフォームを採用している。

 小型ハッチバック「バレーノ」と同じ排気量1.3l(リットル)のディーゼルエンジンを搭載している。エンジンの最高出力は66kW(4000rpm)、最大トルクが200Nm(1750rpm)。スズキはインドや欧州向けにディーゼルエンジンを設定しているが、日本には導入しない計画。

 同社 社長の鈴木俊宏氏は「インド市場は最も重要な戦略的市場/生産拠点であり、その重要性は今後さらに増していく」と述べた。

 スズキはオートエキスポ2016でこの他にも、インド初公開となる小型クロスオーバーSUV「コンセプト イグニス」や、排気量1.0l直噴ターボガソリンエンジンを搭載したプレミアムハッチバック「コンセプト バレーノRS」などを出展している。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/