ものづくりニュース by aperza

シーケンス制御講座「必要なもの」

シーケンス制御講座「必要なもの」

基礎からはじめるシーケンス制御講座

最低限の知識:必要なもの

これからシーケンス制御を勉強する上で必要なものを紹介します。

勉強すると言っても、勉強だけで終わるのではなく、がんばれば副業としてシーケンス回路を製作することも可能です。

ただしここまでになるにはかなりの経験が必要ですが、副業ではなく本業として転職するときにも役にたつかもしれません。

 

パソコン

メーカーなどは特に気にしません。ノートパソコンを1台用意しましょう。

デスクトップでも可能ですが、実際の作業では設備の前にパソコンを持っていって作業することになります。そのためノートパソコンが必要です。

最近のパソコンはメーカーの違いはデザインや標準でついているソフトなどがメインなので、特に気にする必要はありません。

 

できれば232Cのシリアルポートが標準で搭載されているパソコンがお勧めですが、最近はほとんど搭載されていません。

必要な場合は下記のUSBシリアル変換を使用してください。OSはWindows7が無難です。Windows8からのダウングレードモデルで購入できます。

最新のPLCしか使用しないのであれば64ビットでも問題ありませんが。古いソフトを使用する場合32ビットしか動作しない場合があります。

 

一応おすすめとしては、HPかDELLは私も使っているためおすすめします。今のところ特に問題もありませんし。

モデルとしてはビジネスモデルや法人向けモデルを選択します。

OSがダウングレードできるため、現在FA業界で主流のOSを選んでください。あまり最先端のOSを選んでも、ソフトが動作しない可能性が高いので。

 

USBシリアル変換

今後Qシリーズのユニバーサル以上の機器などのように、PLC側にUSB接続ができるポートがついていれば必要はありませんが、PLC側にUSB接続ポートが無い場合は必要です。

パソコンに232Cシリアルポートが標準で搭載されていれば必要ありませんが、最近のパソコンは付いていないのがほとんどなので、1台持っておきましょう。

パソコンにRS-232Cポートを増設する機器です。

メーカー:iBUFFALO
型式:SRC06-USB

 

接続ケーブル

使用するシーケンサにもよりますが、接続ケーブルが必要です。

ここでは私が使用しているものを紹介しておきます。

Aシリーズのシーケンサもまだまだ現役で動いていますので、Aシリーズまで視野にいれておきましょう。

 

メーカー:TAM
型式:TAM-RSCVC-3V

FXに接続するには
型式:TAM-RSCVC-A0

 

接続イメージはシーケンサとの接続を参照してください。

メーカーホームページはTAMです。

高価なケーブルです。USB接続しかしないのであれば必要ありません。

 

ソフト

ソフトが無いと始まりません。かなり高額なものです。

お金を出して勉強するのですからしっかり勉強して費用を回収できるように心掛けましょう。

三菱プログラミングソフト GX Works2 (SW1DNC-GXW2-J)

 

勉強用シーケンサ

勉強用としてシーケンサが1台必要です。実際に動作させて勉強しましょう。

機種はFXシリーズが無難です。

上位機種はI/Oユニットなど別で購入する必要があり、端子台も付いていません。 FXシリーズなら標準で必要なものは一式付いています。

 

制御対象

プログラムを勉強したら、実際に機械を動作させてみたいでしょう。

簡単な制御キットを準備して動作させます。

 

出典:『基礎からはじめる シーケンス制御講座』

参考書

これだけ!シーケンス制御 (これだけ!シリーズ)
武永 行正
秀和システム
売り上げランキング: 70,884
図解入門よくわかる最新シーケンス制御と回路図の基本 (How‐nual Visual Guide Book)
武永 行正
秀和システム
売り上げランキング: 31,176

1977年、広島県福山市生まれ。武永制御 代表。「基礎からはじめるシーケンス制御講座」管理人。◎福山職業能力開発短期大学校(制御科)を卒業。某電機会社にて設備エンジニアを務めた後、武永制御を創業。◎著作に『図解入門よくわかる最新シーケンス制御と回路図の基本』(2013年 秀和システム)、『これだけ!シーケンス制御』(2014年 秀和システム これだけ!シリーズ)がある。◎基礎からはじめるシーケンス講座 http://plckouza.com/index.html