ものづくりニュース by aperza

シーケンス制御講座「ラダー回路の作成」

シーケンス制御講座「ラダー回路の作成」

基礎からはじめるシーケンス制御講座

初級:ラダー回路の作成

GX Developerを使用して簡単なラダー回路を入力してみます。

ここでは操作方法を覚えてください。

まずはGXDeveloperを起動して、「プロジェクト」→プロジェクト新規作成からこれから使用するシーケンサーのタイプを選択してください。

スクリーンショット 2017-02-13 15.33.03

画面が表示されました。

右側の大きなウインドウ内にラダー図を作成していきます。

ウインドウ内をクリックすると青色の四角が移動すると思います。

 

キーボードの十字キーでも移動できます。この四角の中に接点などを書いていきます。

とりあえず左上に戻しましょう。そして「F5」のキーを押してください。

上のアイコンから「a接点」のマークをクリックしても同じです。

スクリーンショット 2017-02-13 15.33.13

このように入力画面が出てきます。

これはa接点を入力するのですが、接点の番号の入力を求めてきています。

シーケンサー入力I/Oの「X0」に押しボタンスイッチを接続していると仮定します。

 

そこで「X0」と入力してエンターキーを押します。「ツール」→「オプション」から「命令書込時、続けて行なう」にチェックを入れているとコメントの入力画面が出てきます。

コメントは分かりやすい名前をつけましょう。ここでは「押ボタンスイッチ」としました。

スイッチのことを「SW」や「PB」と省略して書く場合があります。入力が終わったらエンターキーを押してください。

スクリーンショット 2017-02-13 15.33.23

それでは上の図のように入力してみましょう。

上の図はコメント表示していますが、文字コメントが表示されない場合は上のメニューの「表示」→「コメント表示」にチェックを入れて下さい。

右側にある「M0」や「Y0」はコイルです。

 

「F7」のキーを押せば入力できます。上のアイコンにも表示されています。

この回路は押しボタンを押すと「X0」が入り、内部リレーの「M0」で自己保持をかけています。

そして「M0」が入ったとき「Y0」に出力しています。

 

「Y0」にランプをつければ、ボタンを押すと点灯します。

この状態では入力した部分が灰色になっています。これはまだ編集中で、この回路を決定されていないのです。

パソコンで日本語入力を行うとき、入力した状態では文字の下に波線が表示され、スペースキーで変換ができます。

 

この状態のことです。日本語入力ではエンターキーを押せば決定されます。GX Developerでは「F4」キーを押してください。

 

スクリーンショット 2017-02-13 15.33.33

すると画面の灰色が消えます。これで回路は決定されました。

この作業を変換と呼びます。メニューの中の「変換」→「変換」でも実行できます。

今度はこの回路を修正してみましょう。この回路は自己保持を切ることができないので、切れるようにします。「X1」のb接点を追加します。

スクリーンショット 2017-02-13 15.33.44

するとまた編集した部分が灰色になります。この状態ではまだ決定されていないので、「F4」で変換します。この繰り返しで作業を進めていきます。

補足として上の回路図にて、「M0」の接点が「X0」に並列に入っています。

これは「X0」の下にカーソルをあわせて「Shift」キーを押しながら「F5」を押せば入力できます。または、「X0」の下に普通に「F5」キーから入力して、カーソルを「X0」の右側にもっていき、「Shift」キーを押しながら「F9」を押します。

 

書き込む回路が完成したら、シーケンサーに回路を書き込んでみましょう。

 

出典:『基礎からはじめる シーケンス制御講座』

参考書

これだけ!シーケンス制御 (これだけ!シリーズ)
武永 行正
秀和システム
売り上げランキング: 70,884
図解入門よくわかる最新シーケンス制御と回路図の基本 (How‐nual Visual Guide Book)
武永 行正
秀和システム
売り上げランキング: 31,176

1977年、広島県福山市生まれ。武永制御 代表。「基礎からはじめるシーケンス制御講座」管理人。◎福山職業能力開発短期大学校(制御科)を卒業。某電機会社にて設備エンジニアを務めた後、武永制御を創業。◎著作に『図解入門よくわかる最新シーケンス制御と回路図の基本』(2013年 秀和システム)、『これだけ!シーケンス制御』(2014年 秀和システム これだけ!シリーズ)がある。◎基礎からはじめるシーケンス講座 http://plckouza.com/index.html