ものづくりニュース by aperza

ゴルフ場跡地に宮城県最大級の57.1MWメガソーラー (三島一孝,[ス...

ゴルフ場跡地に宮城県最大級の57.1MWメガソーラー (三島一孝,[スマートジャパン])

 メガソーラーには採算性を確保できる発電能力を確保するために15〜20万平方メートルの土地が必要だとされている。その土地を確保するために転用が進んでいるのがゴルフ場の跡地である(関連記事)。

図1 パシフィコ・エナジー古川メガソーラープロジェクトの完成予想図 出典:パシフィコ・エナジー

 パシフィコ・エナジーが推進するパシフィコ・エナジー古川メガソーラープロジェクトもそうしたプロジェクトの1つである。同プロジェクトは宮城県大崎市の旧ゴルフ場跡地を利用して開発された太陽光発電所である。

 工事は東洋エンジニアリングが請け負い、モジュールはトリナ・ソーラーが提供する。PVモジュールは57.1MW分を2015年11月から順次出荷しているという。モジュールの出荷は2016年9月まで行われ、商業運転の開始は2016年第4四半期を予定している。


スマートジャパン」は、日本各地の企業・自治体にとって喫緊の課題である電力の有効活用と安定確保に向け、節電・蓄電・発電のための製品検討や導入に役立つ情報を提供します。企業や自治体の総務部、システム部、店舗運営者、小規模工場経営者などの方々に向けて、電力管理や省電力化を実現する製品情報、導入事例、関連ニュースをお届けするほか、製品カタログや利用ガイドなども掲載していく予定です。 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/