ものづくりニュース by aperza

“ゴムライク”じゃない、3Dプリンタでシリコーンゴムの出力が可能に (...

2016/11/1 IT media

“ゴムライク”じゃない、3Dプリンタでシリコーンゴムの出力が可能に (朴尚洙,[MONOist])

 キーエンスは、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」(2016年6月22〜24日、東京ビッグサイト)において、同社の3Dプリンタ「アジリスタ」の新たな材料として加わる予定のシリコーンゴムを使った出力サンプルを多数展示した。2016年内の正式発売を目標に開発と評価を進めている段階だという。

「アジリスタ」によるシリコーンゴムの出力サンプル。ゴムの持つ柔軟性、弾力性を3Dプリンタでも活用できるようになる
「アジリスタ」によるシリコーンゴムの出力サンプル。ゴムの持つ柔軟性、弾力性を3Dプリンタでも活用できるようになる


シリコーンゴムで出力した肺の内部

 従来、3Dプリンタの材料には、ゴムのような“ゴムライク”樹脂はあってもゴムそのものを利用することはできなかった。今回キーエンスは、材料メーカーと共同開発することにより、耐熱/耐候性に優れるシリコーンゴムを使った3Dプリント出力を実現した。

 このシリコーンゴム材料と水溶性サポート材を組み合わせれば、薄肉で中空の構造を破損することなく造形できる。「例えば、アジリスタとシリコーンゴムの組み合わせなら医療用の臓器サンプルを極めて高い再現性で作れる。薄肉の中空構造によって食道や気管、血管を模すこともできるので、手術前の術式確認用に最適だ。殺菌/滅菌に用いるオートグレーブ(2気圧の飽和水蒸気によって温度を121℃に上昇させ、20分間処理)に耐える特性も医療用途で役立つ」(同社の説明員)という。

 アジリスタはインクジェット方式を採用しており、15μmの積層ピッチによる高精細な造形を特徴とする。本体価格498万円での装置販売も行っているが、初回の材料や保守費用などを含めた月額13万6000円のリースが好評だ。

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/