ものづくりニュース by aperza

カタログに凄いタップが載っていた!一体何を掘るのだろうか。

カタログに凄いタップが載っていた!一体何を掘るのだろうか。

カタログに凄いタップが載っていた!

22bf535c76d23138fdc3a942e7379470

一体何を掘るのだろうか。

という冗談はさておき、金属加工技術というと切削などが思い浮かぶが、それだけではない。

金属加工に使用する工具にもいろいろな技術が詰まっている。

 

工具メーカーの回し者ではないが、説明しよう。

ホモ処理というのは、焼入・焼戻をした高速度工具鋼(SKH材)に対して使用される。

350~370℃で予熱後、500℃前後で30~60分加熱し、黒錆の皮膜を作る。密着性が良く多孔質であるため油浸した後で使用すると、保油性を持つ。

耐食、対摩耗性を向上させ、溶着性を防止させる。膜厚が10μm以下で精度が高い。

TAKA


創業40年の製造業。ダイヤモンド事業からスタートしたテクダイヤは、会社本来の「人好き」が作用し、人との出会いを繰り返しながら業態変化を続ける。 現在はセラミック応用技術・精密機械加工技術・ダイヤモンド加工技術をコアとしながら先端技術のものづくりを支える。スマホやデータセンターなどの通信市場、更にはNASAやバイオ領域にも進出中。