ものづくりニュース by aperza

エントリーモデルのマシンオートメーションコントローラーを発売 ([MO...

2016/11/1 IT media

エントリーモデルのマシンオートメーションコントローラーを発売 ([MONOist])

 オムロンは2016年10月3日、複数の制御要素をつないで1つのソフトウェアで制御・管理する同社の「Sysmacオートメーションプラットフォーム」のラインアップを拡充し、エントリーモデルのマシンオートメーションコントローラー「NX1P」を発売した。EtherCATポートを内蔵し、最大8軸のサーボシステムを制御できる。

 モーション制御機能は最大4軸まで適用可能で、同期制御を実現し、設備の高速・高精度化を図ることができる。また、EtherCATにより、1つのケーブルで入出力機器やモーション機器、画像処理システム、セーフティコントローラーを接続し、各機器の状況を把握する。CPUユニットのみで、高速モーション制御とリモートI/O制御が行えるEtherCATマスター機能も内臓。EtherNet/IPで上位のPCや他設備のコントローラーとデータを共有することも可能だ。IO-Linkマスターユニットを装備すれば、センサー・データを監視して異常検知や状態監視も行えるという。

 本体の端子台には、プッシュインPlus端子台を備えた。拡張ユニットにも同端子台を搭載した「NX」シリーズのI/Oユニットを採用しており、配線時の工数を削減できる。LD命令実行時間は3.3nsで、算術命令実行時間は70nsから。1台のコントローラーにシーケンス制御とモーション制御を統合したほか、位置制御機能を内蔵したことで、CPUユニットと位置制御ユニット間の通信時間のロスを削減できる。

 上位機種の「NX7/NJ5/NJ3/NJ1」とは共通の命令語を採用。小規模設備から高性能設備まで、同じプログラムを共有できるとしている。

マシンオートメーションコントローラー「NX1P」

FAメルマガ 登録募集中!

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/