ものづくりニュース by aperza

ウェアラブル医療向けパルス酸素濃度計/心拍数統合センサーモジュール (...

2016/10/31 IT media

ウェアラブル医療向けパルス酸素濃度計/心拍数統合センサーモジュール ([MONOist])

 Maxim Integrated Productsは2016年1月12日、ウェアラブル医療やフィットネスアプリケーション向けに、パルス酸素濃度計および心拍数統合センサーモジュールの「MAX30102」を発表した。

 MAX30102は、赤色および赤外線LEDを内蔵し、LEDパルスを変調して酸素飽和度(SpO2)と心拍数の測定値を送信できる。また、LED/フォトディテクタ/光学素子/環境光除去を備えた低ノイズ電子回路を内蔵。光学/電気的性能を犠牲にすることなく、省スペースを可能にした。

 また、1.8V単一電源と内蔵LED用の5V電源で動作するため、バッテリー寿命を延長できる。動作温度範囲は−40〜50℃で、5.6×3.3×1.55mmの小型14ピン光モジュールで提供される。

 

 1000個以上購入時の単価は4.13ドルから。モジュールと加速度計を内蔵した評価プラットフォームも提供しており、システム設計者は製品の市場投入までの時間を短縮できるという。

ウェアラブル/フィットネスアプリケーション用に超低電力を提供するパルス酸素濃度および心拍数統合センサーモジュール


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/