ものづくりニュース by aperza

アンマネージドスイッチギガビット対応の産業用スイッチングハブ ([MO...

2016/11/1 IT media

アンマネージドスイッチギガビット対応の産業用スイッチングハブ ([MONOist])

 デジタルは2016年9月15日、過酷な環境でも使用できる産業用スイッチングハブ「SPIDERIII」を発表した。多様なスイッチング機能やTP/TXインタフェース機能を備え、各種海外安全規格にも対応。信頼性の高いネットワーク構築が可能になる。

 SPIDERIIIは、アンマネージドスイッチギガビット対応で、RJ-45モジュールを8ポート備え、10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-TXの通信規格に対応する。スイッチング機能として、ポートごとに受信データの有効性をチェックし、有効データのみを転送する「ストアー アンド フォワード」、全てのソースアドレスを各ポートが最大1000アドレスまで認識・監視し、300秒以上経過したアドレスを自動消去する「マルチアドレス機能」を備える。また、VLANタグに対応しており、MACデータフレームにVLANタグのついたデータパケットを変更することなく送信できる。

 TP/TXインタフェース機能も充実。TP/TXライン内をリンクテストパルスで監視し、アイドルシグナルを受信しないTP/TXラインへのデータ送信を抑止する「リンクコントロール」や、受信用ラインの極性(ポラリティ)が正しくない場合、自動的に修正する「オートポラリティ」、自動でデータスピードと送信モード(半二重/全二重)を判別する「オートネゴシエーション」、送信と受信の配線構成を自動認識する「オートクロッシング」を備える。

 本体は、アタッチメントを使わずに35mmのDINレールに取り付け可能だ。定格電圧24Vdcで、外形寸法がW38×H102×D79mm、重さは約170g。ツイストペアケーブルで、最大100mまで接続できる。

SPIDERIII

FAメルマガ 登録募集中!

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/