はがきサイズのコンパクトなLED捕虫器「虫とら」を使ってみた。

はがきサイズのコンパクトなLED捕虫器「虫とら」を使ってみた。

どうもこんにちはアペルザの山本です

yamamoto

—————————————————————————————–
アペルザのコマース事業の担当者。
前職は機械系の商社で製造業の現場を経験。
製造業大好き人間。見た目はカピバラ。
—————————————————————————————–

突然ですが、私は飛ぶ系の虫が嫌いです。
クワガタやカマキリなどのかっこいい系の虫は好きなんですが、
ハエとかよくわからない羽虫が耳元で飛んでいたりするのは、あまり気持ちよくありません。
mushi_kuwagata

アペルザのオフィスはビルの13階で虫は発生し辛いですが
暖かくなってきたのと植木があるので虫が気になってきました。
オフィス写真

このままだと気になって仕事が手につかなくなってしまいそうなので、
思い切ってオフィスに虫がいるのか調査したいと思います!

方法についてネットで色々と調べた結果、

computer_search_kensaku

捕虫器というものが良さそうなので、実際に試してみたいと思います!

捕虫器とは

捕虫器とは、虫が敏感に感じ取る波長の光を利用して虫を誘引し、粘着テープのカートリッジに虫を付着させる装置である。
誘虫ランプを用いるだけでなく、害虫を引き寄せるフェロモンを塗布した粘着材料を利用するなど、誘虫のための仕組みが数多く取り入れられている。
電撃によるショックを原理としておらず、粘着式のテープを用いた捕虫器が広く採用されており、電撃殺虫器と違い、虫を駆除する際に音や光を放たないため、食品工場やレストランにおいて、捕虫時に虫を飛散させたり、カートリッジ交換に伴う作業者の不快感を大きく軽減できる利点がある。
出典:電気設備の知識と技術 https://electric-facilities.jp/denki3/dengeki.html

製造業だと食品工場のゾーニングで使われていてポピュラーな製品のようです。
殺虫捕虫器と違って、粘着シートを交換するだけというのが楽でいいですね。

今回使う商品

やっぱりオフィスで使うので、おしゃれなものをということでこちら!!
mushitora

株式会社Luciの「虫とら」は、はがきほどのコンパクトさとLED照明が特長の商品です。
HP経由で簡単にサンプル依頼ができました。

・・・・・待つ事2・3日。

早速届いたので、設置してみた。

さて、商品が届いたので実際に設置してみましょう。
本体と比較画像
本体と電源の2つ。
本体は私の手のひらと同じくらい!小さい!

どこに置こうかな。

山本「松本さん オフィスで虫が出そうなところ無いですか?」
松本さん
松本さん「うーん。ほとんど出ないと思うけど、給湯スペースの下と倉庫が怪しいかも。」

—————————————————————————————–
アペルザの総務・人事・社内イベントを担当するとても明るい人。
時々社内向けブログを執筆するブロガー
—————————————————————————————–

実際に置いてみた

給湯スペースとと倉庫の2箇所へ設置しました。
給湯スペース

倉庫設置

コンパクトなので、場所を選ばず置けます。

2週間置いてどのくらい取れるのか。
結果は次回の更新で発表します!

【参考】
・Luci様ホームページ:https://zero-to-one.luci.co.jp/luci_mushitora/
・サンプル依頼ページ:https://zero-to-one.luci.co.jp/contact/
・購入ページ:https://ec.aperza.com/ja/d/i/LMT-AA-A-A/e517a4cffdeeec69297325c218906d054e0d3829.html


アペルザのコマース事業の担当者。 前職は機械系の商社で製造業の現場を経験。 製造業大好き人間。見た目はカピバラ。 好きな商品はOリング。