【就活生向け】文系大学出身の「技術部」体験記「文系でも大丈夫?」

【就活生向け】文系大学出身の「技術部」体験記「文系でも大丈夫?」

学生時代に勉強していたこととは異なる業種を考えている人や、「文系・理系」について、技術部に配属された文系大学出身の私が「製造業、文系でも大丈夫ですか?」の質問に答えます。

 
 

就職活動から配属

私は、業種や企業の大きさは絞らず、興味を持った会社の説明会に参加するという就活をしていました。

ただ一つだけ、譲れないというポイントとして「人」を挙げていました。なぜ、「人」を軸に選んでいたかというと、就職した会社で出会う人は、長い人生の半分以上の時間を一緒に過ごす仲間だからです。いくつかの内定をいただいた中で、テクダイヤを選び、入社した理由も同様です。

Joining ceremony
(入社式)

 

いざ、入社し3か月という研修を終え、同期が集められた配属発表日は、全員が緊張の面持ちでした。文系大学出身の私は、「品質保証部」か「営業アシスタント」への配属になると思っていた矢先「技術部」への配属と発表されました。

当時の正直な感情を表すなら「まじか。(笑)」が一番近いのではないかと思います。文系の社員の多くは管理部や営業部に配属される中、文系の私に待っていたサプライズ。

・文系だけど、技術部で大丈夫?
・そもそも製品が何に使われているのかすら曖昧だけど大丈夫?
・私、仕事続けられるかな?

そんな疑問が頭に沢山浮かんだ、配属発表の日は、入社してから今までで一番衝撃的で、一生忘れない日だと思っています。

 

文系だけど、本当に大丈夫ですか?

入社して丸6年が経った今も、技術部にいます。

「文系だけど、本当に大丈夫ですか?」という質問の答えは「大丈夫」です。私自身、技術部で7年目を迎えることになるとは思っていませんでしたが、技術部で任される仕事があります。更にここ数年、新入社員からは「文系だったって本当ですか?」と聞かれるようになり、自分でも驚いています。

Female members
(技術部の女性メンバー)

入社1年目は、多くの新しいことに出会います。新しい環境、新しい出会い、初めてのことだらけです。そして、配属の部署が営業部でも技術部でも、たくさん勉強することに変わりありません。「文系の技術部」は覚えることが、みんなより少し多いだけ、だと私は思っています。

 

さいごに

仕事は、一人では完結しません。技術部だけでは製品は売れないし、営業部だけでは製品を出荷することはできません。社員全員で助け合い、切磋琢磨して一つのものを作り上げています。どの部署に配属されても、自分がその部署でやるべきことが絶対にあります。与えられた場所で、自分がやらなくてはいけないことを見つけ、目標に向かうことさえできれば、「文系」も「理系」関係ないのではないかと、感じます。

tory-engineer.jpeg” alt=”factory engineer” width=”300″ height=”225″ class=”alignnone size-full wp-image-54011″ />
(セブ工場のエンジニア)

分野問わず、様々なことにチャレンジしたい方、ぜひ、私たちと一緒に働きましょう!

 


創業40年の製造業。ダイヤモンド事業からスタートしたテクダイヤは、会社本来の「人好き」が作用し、人との出会いを繰り返しながら業態変化を続ける。 現在はセラミック応用技術・精密機械加工技術・ダイヤモンド加工技術をコアとしながら先端技術のものづくりを支える。スマホやデータセンターなどの通信市場、更にはNASAやバイオ領域にも進出中。