ものづくりニュース by aperza

「Apple Watch Series 2」を分解 (村尾麻悠子,[E...

「Apple Watch Series 2」を分解 (村尾麻悠子,[EE Times Japan])

水深50mにも耐える

 2016年9月16日に、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」と同時に発売された新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 2」。前世代品に比べて明るさが2倍の第2世代感圧タッチ対応有機ELディスプレイ(「Retinaディスプレイ」)を搭載し、ISO規格22810:2010に基づく水深50mの耐水性能がある。GPSも内蔵された。プロセッサは、前世代品に比べて50%高速になっているという。

中身を簡単に紹介

 iFixitが分解しているので、幾つかの写真から、Apple Watch Series 2の核となる部品を見ていきたい。

 まずは筺体を開けたところだ。バッテリーが最も大きな面積を占めているのが見て取れる。バッテリー容量は1.03Wh(4.35V×237mAh)である。

 ボードのICは、図版の赤枠がAppleの「343S00092」、オレンジは「20211CP TD1628A」、黄色はNXP SemiconductorsのNFCコントローラーIC「67V04」である。NFCコントローラーICは、「iPhone 7 Plus」に搭載されているものと同じものだ。

 上は分解後の画像だ。前列左から2個目には、AppleのSiP(System in Package)「S2」があるのが分かる。

↑↑↑>>>Apple/iPhone 情報はコチラから<<<↑↑↑


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/