ものづくりニュース by aperza

「86」と「BRZ」が大幅改良、MTモデルは出力とトルクが3%向上 (...

2016/11/1 IT media

「86」と「BRZ」が大幅改良、MTモデルは出力とトルクが3%向上 (朴尚洙,[MONOist])

 トヨタ自動車と富士重工業は2016年7月5日、2012年2月に発表した共同開発のスポーツカー「86」と「BRZ」をマイナーチェンジすると発表した。トヨタ自動車が86を、富士重工業がBRZを、同年8月1日に発売する。パワートレイン、ボディー、サスペンション、内外装のデザインを含めて大幅な改良を加えたビッグマイナーチェンジとなる。税込み価格は、86のMTモデルが262万3320〜318万3840円、ATモデルが264万7080〜325万800円。BRZのMTモデルが243万〜297万円、ATモデルが273万7800〜302万9400円。月間販売目標台数は86が500台、BRZが220台。



マイナーチェンジした「86」(左)と「BRZ」(右) 出典:トヨタ自動車、富士重工業

マイナーチェンジした「86」(左)と「BRZ」(右) 出典:トヨタ自動車、富士重工業

 新型86は「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに開発を進めた。より「走り」に特化した86の実現によりスポーツカーファンのさらなる獲得を目指すとしている。「ニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦からフィードバックされた技術を中心に全てを見直し、何度も世界のさまざまな道で鍛え直すことで、1つ1つのアイテムをつくり込んだ。新型86は、ハンドルを握って走り出した瞬間から、その深化を誰もが実感できるクルマに仕上げている」(86開発担当チーフエンジニアの多田哲哉氏)という。



「86」の外観(左)と内部構造(右) 出典:トヨタ自動車

「86」の外観(左)と内部構造(右) 出典:トヨタ自動車




排気量2.0lの水平対向エンジン 出典:トヨタ自動車

 パワートレインの強化はMTモデルで図られている。排気量2.0l(リットル)の水平対向エンジンは、最高出力152kW(7000rpm)/最大トルク212Nm(6400〜6800rpm)となった。従来は最高出力147kW(7000rpm)/最大トルク205Nm(6400〜6800rpm)だったので、出力で5kW、トルクで7Nm、それぞれ3%強の向上になる

 エンジンの性能向上は、吸気脈動効果最大化のためのインテークマニホールドブランチ長最適化とポート断面積の拡大、インテークマニホールド材質のアルミ化、吸気ブーツの形状変更による吸気抵抗の低減、エアクリーナーケースの大型化とエアクリーナーエレメントの変更、吸気ダクトの形状変更など、吸排気系部品を多数改良することで実現した。これらの他、エンジンブロック/軸受け部の剛性向上やピストン耐力向上のためのショットピーニング処理追加、ファイナルギア比の変更、MTの6速ギアの耐久性強化を実施した。

 ATモデルの最高出力と最大トルクは従来と同じだが、MTモデルに採用した改良部品を一部共有しているという。

 操舵応答性向上と静粛性向上のため、ボディーの剛性を強化した。V型タワーバー取付部の補剛、リアホイールハウス外側への補剛材追加、制振材の形状/板厚/材質の最適化などを行っている。サスペンションなどの足回りの改良も進め、コイルスプリングのバネ定数変更、ダンパー内部構造および減衰力変更、リヤスタビライザー径の変更などを実施した。

 また、横滑り防止装置(ESC)の介入タイミングを最適化するとともに、サーキット走行向けの「TRACK」モードを新たに追加した。電動パワーステアリングECUのアシストマップを変更し、ヒルスタートアシスト機能も採用している。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/