ものづくりニュース by aperza

「ヴェゼル」に待望のRSモデル、直噴ターボは設定せず? (朴尚洙,[M...

2016/10/31 IT media

「ヴェゼル」に待望のRSモデル、直噴ターボは設定せず? (朴尚洙,[MONOist])

 ホンダは2016年2月5日、同年2月下旬に一部改良を予定している小型SUV「ヴェゼル」に「RS」モデルを追加すると発表した。先行情報をWebサイトで公開している。

「ヴェゼルRS」の外観 出典:ホンダ
「ヴェゼルRS」の外観 出典:ホンダ


「ヴェゼルRS」の内装 出典:ホンダ

 ヴェゼルRSの外観デザインは、ロー&ワイドなプロポーションとし、専用のフロントグリル、クリスタルブラック塗装を施したボディロアガーニッシュ、18インチアルミホイールによって「スポーティーで力強い走りを表現した」(同社)という。内装は、シート、インストルメントパネル、センターアームレストなどにスウェード調表皮を採用している。

 現時点で公開されている写真では、排気量1.5l(リットル)の自然吸気エンジン搭載のガソリンエンジンモデルと、1モーターのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」搭載のハイブリッドモデル、それぞれにRSモデルが設定されているようだ。

 RSモデルにふさわしいということで、「ステップワゴン」などに採用されている排気量1.5l直噴ターボエンジンの設定も期待されているが、今のところ言及はない。

 ホンダの車両でRSモデルと言えばスポーツグレードを指す。1974年に「シビック」で初めて設定され、その後2007年から「フィット」に設定されるようになった。RSはRoad Sailingの略で、長距離ドライブを楽しむクルマという意味がある。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/