ものづくりニュース by aperza

「レヴォーグ」の最上級グレードは「STI Sport」、フロントフェイ...

2016/11/1 IT media

「レヴォーグ」の最上級グレードは「STI Sport」、フロントフェイスなど専用化 (朴尚洙,[MONOist])

 富士重工業は2016年6月27日、スポーツツアラー「レヴォーグ」の最上級グレードとなる「STI Sport」を発表した。同年7月21日に発売する。スバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)とのコラボレーションにより、レヴォーグが持つ「走行性能」と「走りの質感」、「内外装の質感」をさらに高めたという。税込み価格はエンジン排気量1.6l(リットル)の「1.6STI Sport EyeSight」が348万8400円、同2.0lの「2.0STI Sport EyeSight」が394万2000円。



「レヴォーグ」の最上級グレード「STI Sport」。ボディカラーは専用色の「WRブルー・パール」 出典:富士重工業




「STI Sport」と一般グレードの外観の比較 出典:富士重工業

「STI Sport」と一般グレードの外観の比較 出典:富士重工業

 エクステリアは、専用デザインのフロントフェイスやアルミホイールを採用。インテリアは専用のテーマカラーの「ボルドー」にすることで特別感を演出し、レヴォーグの最上級グレードにふさわしい仕様に仕上げた。ボディカラーは「クリスタルホワイト・パール」や「アイスシルバー・メタリック」などの7色に加えて、STI Sport専用色の「WRブルー・パール」も用意した。



専用LEDフロントフォグランプ&フォグランプカバー(左)、専用フロントバンパー(中央)、専用フロントグリル(右) 出典:富士重工業

専用LEDフロントフォグランプ&フォグランプカバー(左)、専用フロントバンパー(中央)、専用フロントグリル(右) 出典:富士重工業

専用LEDフロントフォグランプ&フォグランプカバー(左)、専用フロントバンパー(中央)、専用フロントグリル(右) 出典:富士重工業




「STI Sport」の内装。専用テーマカラーの「ボルドー」を採用した 出典:富士重工業

「STI Sport」の内装。専用テーマカラーの「ボルドー」を採用した 出典:富士重工業

 足回りは、専用のチューニングを施した可変減衰力サスペンション「DampMaticII」と、ショックアブソーバーの特性を生かした専用コイルスプリングの組み合わせにより、操縦安定性の向上と乗り心地の確保を高次元で両立した。また、ステアリングギアボックスの取り付け剛性向上により操舵応答性を高め、ドライバーの意のままに走るたのしさをさらに突き詰めたという。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/